ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Young Sheldonの評判2

広告

f:id:insaneway:20190105035151j:plain:w200

Young Sheldonの評判 - ドラマの中の英語

オンエアーが始まったばかりの頃に、ビッグバン★セオリーのスピンオフであるヤング・シェルドン(Young Sheldon)の評判と言う記事を書きましたが、エピソード11がちょうど終わった現時点で、IMDbのレートを見てみると向上しているようでしたので、この2ヶ月ほどのレビューを再度チェック。驚くことに殆どが高評価でした。前回記事を書いた時点(2017/09/28)での評価が★6.2だったのに対し、現時点(2018/01/15)では★6.7です。ただ後から高評価連発してても、初期に大量発生した低評価分を挽回出来ていない感じですね。最初に低評価した視聴者が高評価に転じることは「もう二度と見ない」とか書いてあることからも、なさそうです。そう思うと最初の数エピソードの出来って重要なんだなあと感じます。一番最初のパイロットは資金調達でもちろん重要ですが、視聴者からの評価の点でも同じでしょうか。高評価のレビューから幾つか意見を拾ってみます。

  • お婆ちゃんミーモーとシェルドンの関係が良い(たしか最初数話はミーモーは出てなかった)

  • 現在放映中のThe Big Bang Theoryより面白い(この意見多数。裏を返せば、それほどTBBT S11がダメダメ)

  • 母親の八面六臂の奮闘が素敵(三人の子持ちといえばThis Is Usのレベッカもそうですね)

  • 最低限5話は見て欲しい(最初数話は面白くないのを認めてます。逆に言えば、その後TV局からテコ入れがあったのかも)

  • なんでこんなに評価低いんだ?(1話だけ見て、★1を付けて去っていった人が多数だから)

こんな具合。確かにミーモーと母親はオリジナルよりだいぶ良さそうですね。そういった意見多数。画像で見る限りミーモーは若そうだけど、一体幾つなんだ? これならシーズン2はありそうです。TBBTがもう酷いことになっているので、スピンオフくらいは頑張って欲しい。でも早く撮影しないと子供が成長してしまう例のパターンになるかもね(笑)