ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Person-to-person / 一対一で、直接

広告

これってあちらの文化なのかもしれませんが、一対一で話し合えば絶対分かり合える、という信念みたいなものがあるみたいです。そんなことを表現する際、この person-to-person が非常によく使われます。この表現が面白いのは、例えば、女性同士なら woman-to-woman になったりすること。女性同士なら分かり合える、同性愛者同士なら・・・と相手と自分の共通項で様々に変化するんですよね。その辺も、実際の海外ドラマでの実例を紐解いて見ていきたいと思います。

Person-to-person

Parks and Recreationからは選挙に出たレズリー。選挙戦は芳しくなく、対立候補のボンボンの金持ちに負けそうです。直接腹を割って話した後の選挙最後の対立候補のスピーチが下記。person-to-personで話したところ、スーパーawesomeと言ってくれます。

対立候補: I want you all to know that we talked person-to-person, and she's really great. People should stop being so mean to her. In fact, if you don't vote for me tomorrow, you should vote for her, because she's super, super awesome lady.

Parks and Recreation/Season 4/Episode 21

Cop-to-cop

自分の息子を殺した警察官を復讐で殺したマイクのもとに捜査官がやってきます。cop to copで協力してくれと言う捜査官に対し、弁護士とだけしか言わないマイクです。

捜査官: Okay, did anybody here say "arrest"? No. You want to walk, walk. I got to say, I, uh, expected more cooperation from you on this, cop to cop.

マイク: Lawyer.

Better Call Saul/Season 1/Episode 6

Girl-to-girl

部屋を出てデートに向かうミンディですが、ある部屋から鳴き声が聞こえてきます。心配になったミンディは、ドアを開けて女の子同士話し合いましょうと誘いますが・・・。当然出て来るのはおっさんです。

ミンディ: Hello? Miss? Why don't you open the door and we can just have like, a girl-to-girl chat?

The Mindy Project/Season 3/Episode 13

最後に

いろんな言い方ができるこの表現。見た中で一番笑ったのは mammal-to-mammal でしょうか。哺乳類同士分かり合えると、チンパンジーかなんかに話に行く場面だったと思います(笑) まあ、そこまで行かなくとも、person-to-personなんかはよく出てくるので覚えておいて損はないと思います。