ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Duh / 何当たり前のこと言ってるの?、それで?

広告

duhはカタカナで敢えて書けばダーですが、意味は、相手が自明なことを言語化した時にバカにして言われたり、あるいは自分自身への一人突っ込みとしても使われます。

例えば、バス停でバスを待っている時に向こうから友達が歩いてきて、「何待ってるの?」と聞かれたとします。この状況がまさしくduhにピッタリのシチュエーション。バス停で待ってるんだから、バス待ってるに決まってるんだろ!というわけです。

それでは早速、海外番組から使用例をピックアップしてみます。どんなアホなことを言っているのでしょうか?

コブラ会から

ジョニーが空手道場を開くというので、役人がチェックに来ます。その帰り、この役人はコブラ会のロゴの蛇を見てクールな「ガラガラヘビ」と言いますが、即ジョニーに「コブラ」と訂正されます。そして、自分自身にDuhです。ここでは何故Duhしてるか分かるでしょうか? 画像を見れば一目瞭然。ロゴ内にコブラって書いてあるんです(笑)

役人: Huh, cool rattlesnake.

ジョニー: It's a cobra.

役人: Oh, right, duh. I'm such an idiot.

Cobra Kai/Season 1/Episode 2

f:id:insaneway:20190725154939j:plain
Cobra Kai [Credit: YouTube Premium]

ビッグバン★セオリーから

シェルドンの知り合いの美人のサイエンティストが部屋に泊まりに来るということで緊張するレナード。自己紹介時、helloというところをHi-loと言ってしまい、気まずさのあまり何故そう言ったのか説明して、自分自身にDuhします。つまり、Hi-loだからHiとHelloを混ぜてしまったのは自明ですから、それをくどくど説明している自分に呆れた感じです。このように、自分にduhするのもよくある感じです。一人ツッコミ的に。

レナード: Hi-lo. Oops. I-I started to say "hi," and then I switched to "hello" in the middle. It came out "hi-lo." Duh.

The Big Bang Theory/Season 3/Episode 21

f:id:insaneway:20190509135102j:plain
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

コミ・カレ!!から

ジェフと別れたミシェルは教室の前でジェフを待ち伏せ。あなたは話したくないだろうけれど・・・と何か話があることを匂わせます。ジェフはと言えば、僕ら中学生じゃないんだからと、話を聞く体勢に。しかし、ミシェルが別れ方を最悪な形にしたと認めるや否や、その件はビタミンduhを飲まなくちゃやってられんと言って、薬を飲むふりをしてから、Duhと一言。何今更当たり前のこと言ってるんだ、という感じです。君が認めるまでもなく、こっちはとっくにそう思っているというところ。ここで面白いのが、もう中学生でないと言いつつ、子供っぽい返しをするジェフです。

ミシェル: You probably don't wanna talk to me.

ジェフ: It's not junior high. We're mature adults, Michelle. We can talk.

ミシェル: I think I handled our breakup poorly.

ジェフ: Before I respond to that I'll have to take an extra-strength vitamin duh. Duh.

Community/Season 1/Episode 25

NYボンビー・ガールから

マックスは、キャロラインの売春婦としての名前は「キャラメル」とふざけます。仕返しに、キャロラインはマックスを「シナモン」と呼ぶことで、シナモンがあなたの売春婦名と仄めかします。しかしマックスは、既に自分は名前を持ってると言い、キャロラインはそれは何かと尋ねます。「マックス」に決まってると言ってduhで〆めるマックス。私が偽名使うわけ無いじゃん、分かんないの?というわけですね。

キャロライン: You do that, "Cinnamon."

マックス: Oh, no, I actually have a whore name, and that's not it.

キャロライン: What is it?

マックス: Max. Duh.

2 Broke Girls/Season 2/Episode 4

最後に

今回紹介の表現duhは、海外アニメのアーチャーで頻繁に出てくる表現です。検索すると、1/3はアーチャーでした。多分、脚本家の口癖がこのduhなんでしょうね。このアニメは結構英語の勉強にもなるのでオススメです。

www.serendipity.page