ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Swear To / 〜に誓う

広告

f:id:insaneway:20190528235852p:plain:w120

○○に誓って、俺は無実だ」なんて海外ドラマでは見慣れたシチュエーションですが、その際用いられる動詞がこのswearです。swear toで〜に誓う。ちなみに、swearには「悪態をつく」というかなり対極の意味もあるのが興味深いところ。だから、swear wordと言えば、Fから始まるあの単語など、ピー音が入る単語のことを意味するくらいです。しかし、今回はそっちは置いておいて、誓う方の意味を海外ドラマの中で見ていきます。何に誓っているのでしょうか?

誓う先と言えば大定番のGodです。swear toの次に来る単語の95%はこれ。次のシーンでは、ブロディが妻に、CIAの仕事を手伝っていることを告白。疑う妻に、神に誓って本当というブロディです。他には、Christも誓う先としてはたまに出てきます。

ブロディ: I'm working for the CIA.

ブロディ妻: The CIA? Doing what?

ブロディ: Helping out on matters of national security.

ブロディ妻: Brody, if this is some more bullshit...

ブロディ: It's not. I swear to God. It's the truth.

Homeland/Season 2/Episode 5

相手

「俺に誓え」と言うのも典型的な使われ方。当然返答は I swear to you です。次のシーンは、殺人で捕まった兄リンカーンに対し、マイケルが殺してないなら俺に誓えというもの。

リンカーン: I didn't kill him.

マイケル: Swear to me.

リンカーン: I swear to you, Michael.

Prison Break/Season 1/Episode 1

King

為政者に誓うのもよくあります。次のGoTでは、キング・ジョフリーに忠誠を誓うよう、兄のロブに手紙を書いたサンサ。その裏切りの手紙が妹のアリアに見つかってしまい、読み上げられます。ここで、fealtyは忠誠です。同意語のallegianceもよく出てきますね。こんな感じでGoTって他ではあまり見かけない英単語が出てくる印象です。ボキャブラリーを広げるのに良いかもしれません。

アリア: Swear fealty to King Joffrey, and prevent any strife between the great houses of Lannister and Stark. Your faithful sister, Sansa.

Game of Thrones/Season 7/Episode 6

母親

ほとんど出てきませんが、母親に誓うのも数件だけありました。父親に関しては0件(笑)  次のシーンは、神と母に誓って殺してないとお馴染みのセリフです。母に関しては、母の墓標に誓ってなどもありました。

I know how it looks, but I swear to God and my mother I didn't kill him.

Castle/Season 4/Episode 8

最後に

今回はswear toという言い方と共に、誓い先も調べてみました。自分が述べていることが100%真実であるなら、swear to Godしても良いかもしれません。しかし、日本人だと誓い先はどうすればいいんでしょうね? 仏教徒はBuddhaなのか、Shintoはどうすんだとか結構難しい問題です。自分は、信心深くない人は両親に誓っておけばいいのかな、と思っていましたが、海外ドラマで両親に誓うのは、意外にも殆どありませんでした。

実は、調査前は誓い先に面白いものが出てくると期待してたんですけど、ほとんどGodというつまらない結果に。変なカルトに入れ込んでる信者がSatanに誓うのもありましたが、大まかな分類ではGod系統ですからね。他にもGoTでDrowned Godとかも同様。

神に誓わされることで有名な法廷での宣誓の記事を貼っておきます。

www.serendipity.page