ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

The Bridge Is Open but Closed

広告

f:id:insaneway:20181214035427p:plain:w150

ポッドキャストのA Way with Wordsを聴いていたら面白いネタ発見したので紹介。英語というより、なぞなぞ系なんだけど。

リスナーが、ラジオの交通情報で今日は橋がopenと聞いて、その橋を通ろうと思って行ってみたら、なんとclosedだったのだそうだ。最初一瞬??となるけど、話を聞いていくと納得。その橋は跳ね橋だったのだ。堀に囲まれたお城に入るときなんかに上げ下げできる橋が跳ね橋の典型。つまり橋の上を通る車・歩行者目線ではclosedなんだけど、橋の下を通る船舶目線ではopen。従って、openかつclosedという奇妙な状況が生まれてしまったというわけ。このリスナーも述べている通り、交通情報なんだから車の観点で話せというのはその通りかな。

それにしても、車・歩行者の観点で言うopen/closedが橋のサービスが営業中かどうかを指すのに対し、船舶からのopen/closedが門として開いているか閉じているかになっているのは面白い。open/closedの持つ2つの別の意味がうまく橋に適用されている。日本語で同じ状況を敢えて作るとどうなるだろうか? 「橋は通れる」とか? でも、ダブルミーニングになってないな。それとも一休さん的に「ハシを通る」とか? ちょっとツマラナイね。こういう時、翻訳者の苦労が偲ばれます。

A Way with Words | The Bridge is Open but Closed