ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

シェイクスピアの英語3:The World Is One's Oyster. / 世界は〜の思うがまま

広告

f:id:insaneway:20190526213659p:plain:w120

Words and Phrases Coined by Shakespeare

シェイクスピアが作った・広めた表現を紹介していますが、今回はoyster牡蠣ですね。Rの付く月に食べることで有名。でも、「世界は○○の牡蠣」と言うと「思いのまま」の意になるのが面白い。早速、海外ドラマでの使われ方を見てみます。

ブレイキング・バッドから

有名なピザ回から。ジェシーはソウルの元へメス作りで得た大金を取りに行きます。そこで、「世界は君の思うがままなんだから、調子いいに決まってる」とソウルです。こういう小洒落たセリフ言うのは、決まってソウルですよね。

ソウル: How you feeling?

ジェシー: I'm good.

ソウル: Of course you are. The world's your oyster. Am I right?

Breaking Bad/Season 3/Episode 2

ビッグバン★セオリーから

変化が嫌いなシェルドンを、それも楽しいと説得するレナードとペニー。シェルドンも折れて、なにか変えて楽しもうとします。でも、The world is my oyster.と言ってから、火曜のパジャマを今晩着るというのは、少し器が小さすぎやしませんか?(笑) ま、シェルドンなので、これでもスゴイ一歩なんですけどね。ちなみにchangeには気分転換の意味がありますね。fot a change趣向を変えて

シェルドン: You're right. I should embrace the chaos.

ペニー: Great.

レナード: What are you gonna do first?

シェルドン: I don't know. I could do anything. All bets are off. The world is my oyster. I got it. I'm gonna put on my Tuesday pajamas tonight.

The Big Bang Theory/Season 5/Episode 18

最後に

今回は、世界は思うがままのThe world is one's oyster. でした。自分で言うとちょっと自惚れた感じが出ちゃいますが、イケイケドンドン絶好調の相手に対してなら、お世辞の響きです(ソウルのように)。

ちなみに調べると、出典は「ウィンザーの陽気な女房たち」。読んだこと無いし、シェイクスピアと言われても分からない(笑)

(追記)もうちょっとだけ続きます。 www.serendipity.page