ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

ベタコーにギルモア・ガールズのレーンが・・・

広告

Better Call Saulシーズン4エピソード3にGilmore Girlsのレーンが出てましたね。出てきた瞬間わかった(笑) 自分は役者にはあまり興味なく、見る番組を出演する役者で選ぶことも全くないし、自分の興味が持続する内容かだけで決めてるんですけど、それでも約230も番組見てると、この人どこかで見た顔だって分かる時が多い。

それにしてもこの女優のKeiko Agenaさんは、ギルモア・ガールズやってたときは、すでに27歳。それで高1の役を演じてたんだから、しかも、視聴者に違和感なく受け入れられたんだから、改めてすごいことだと思う。日本人がいくら幼く見えると言えども(まあ、ハワイ生まれだから国籍は米国だけどね)。だって、IMDbなんかのレビュー読むと、25歳くらいの女優がティーンエージャーを演じただけで、ミスキャストとボコスカに叩かれる光景をしょっちゅう見てるから(笑) 最近始まったネトフリのInsatiableなんかがそう。

ベタコー内での彼女の役どころは、ジミーの彼女キムの下で働くparalegal(パラリーガル)。弁護士の元で情報調査したり書類作ったりする補佐役のお仕事。ドラマSuitsのレイチェルが最初パラリーガルだったかな。

いずれにせよ、今後のエピソードでも登場するのか、個人的に注目です。ジミーと絡むとろくことなさそうだから、キムと弁護士の仕事だけやってて欲しい(笑)

f:id:insaneway:20180829034814j:plain
Gilmore Girls [Credit: The WB] & Better Call Saul [Credit: AMC]