ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

クレイジー・エックス・ガールフレンド(Crazy Ex-Girlfriend)の感想

広告

f:id:insaneway:20190423021301j:plain

Ozark(オザーク)のシーズン2を週末見ようと思ってたら、なぜかCrazy Ex-Girlfriend(クレイジー・エックス・ガールフレンド)のシーズン1を見てしまっていた・・・。いやー、この番組すごいですね。今まで知らなかったことをちょっと後悔。ちょっと前にやった英語表現を使うと、

Crazy Ex-Girlfriend is the best thing that ever happened to me this year so far.

という感じ。

都会で稼いでいた一流の女弁護士が、元カレのジョシュに惹かれて(仕事にも疲れて)、地位も名誉も捨てジョシュの地元に引っ越してきてしまうという、ちょっとストーカチックな恋愛モノのミュージカルドラマですが、自分の中では、映画ラ・ラ・ランドやGleeを既に超えました。ドラマ部分はもとより、様々な有名楽曲のパロディも面白いし(追記:ラ・ラ・ランドのオマージュまで来たよ・・・)、何より歌詞がめっちゃ笑える(笑) 自分がシーズン1で好きなのは、下記のTextmergency。

www.youtube.com

これはTextとEmergencyを掛けた造語。状況は、主人公レベッカが、ホの字のジョシュに誤って恥ずかしいメッセージを送ってしまったところ。偶然、その日はジョシュが家にスマホを置き忘れていたということで、ジョシュ家に侵入し、彼のスマホから直接メッセージを削除しようとしています。そのことを高らかに歌うのかと思いきや、80年代ロックバンド風のボーカル2人は、歌いながらレベッカのシチュエーションをTextmergencyというべきか、はたまたTextastropheというべきかで争います(笑) TextastropheはText+カタストロフィーの造語。恥ずかしメッセージを不注意で第三者に送ってしまうのはデジタル時代ならでは。それを表現する単語が是非とも必要というわけ。でも、女性ボーカルの方が1:30に次のように勝利宣言:

Text-astrophe, I already put it on urban dictionary

え? アーバン・ディクショナリーに既に登録しただって??

↓↓

www.urbandictionary.com

WTF!!! 本当に載っけてるやんw

しかも、

-- (Potentially) better sounding than "text-mergency"

-- (潜在的には)"text-mergency"より良い響き

という注意書きまでして、Textmergencyより勝っていることを主張w なんなの、この番組・・・。

ドラマ自体は、クレイジーで一途な元カノ(Ex-Girlfriend)レベッカとフィリピン人の元彼ジョシュの恋愛関係の進展を軸に、その周りのキャラがワイワイガヤガヤ彩り(楽曲やパフォーマンス)を添えるというもの。個人的には、レベッカのCrazy Friendであるポーラが大好き。ど迫力の体型から絞り出す歌声は必聴間違いなし。

ただ、残念なことに、この番組既にシーズン4で終了が決まっているみたいなんですよね。一目惚れの麗しの君を見つけたら既に余命数ヶ月の死亡宣告されているって、なにこれ。超悲しすぎるんですけど。

誰かこの状況を的確に表す英単語を作って、アーバン・ディクショナリーに登録して欲しい(笑)

ちなみに、番組内で使われる楽曲のほとんどはYoutubeの公式ページで聞けるので、そこで事前にチェックしてみるといいかしれませんね。上のクリップから公式チャンネルにいけます。自分は、草なぎ君似の風が歌うSanta Ana Winds、グレッグのSettle for Me、女子4人組のLet’s Generalize About Menが好きです。全部歌詞が素晴らしすぎるんです。歌詞を理解するためだけでも英語を勉強してもいいくらいです。

www.imdb.com