ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

TV番組レビューによくあるパターン2

広告

前回の続き。

下期、IMDbにレビューのデビュー(rhyme)しようと思ってるので最近レビュー読みまくりなんですが、そんなレビューからよくあるパターンを紹介します。今回は褒めるのも貶すのも両者あります。

このレビューを書くためにわざわざアカウントを作った

はい、そこまでしてまでも主張したかったってことですね(笑) 普段は読む専門なのに、この特定の番組に関しては世界に向かって声を大にして何か言いたいというわけ。ものすごく感動したというポジティブな意見も、こんなゴミ番組をのさばらせては駄目だという変な正義感に基づくネガティブなものも、このパターンには両者見受けられます。でも、このパターンって一回使っちゃうと、二度と使えない究極奥義ですよね。もしや、アカウント新規に作ってさえもいないのに、このパターン使って批評してる人いるのかもw

This Is Us

This Is Usは本当に高評価のオンパレード。下記レビューはThis Is UsがIMDbのアカウント持つ唯一の理由とべた褒め。

I am so in love with this show - with its heart, its truth, the nostalgia... that I had to sign up and write my first ever review on here. Yep. This Is Us is the only reason I now have an IMDb account.

https://www.imdb.com/title/tt5555260/reviews?ref_=tt_urv

Tangled

映画塔の上のラプンツェル。ここにも読む専門の方がアカウント取っちゃってレビュってます。

I used IMDb for a long time to find out good movies and read reviews. For these many years I just didn't want to register an account to say anything. But today I did. I registered an account for myself, because... I watched Tangled in the past weekend.

https://www.imdb.com/title/tt0398286/reviews?ref_=tt_urv

下限が★1までしかないのが悔しい(or 逆に上限が★10)

レビューする時に付けることができるレーティングの★。IMDbでは★1〜★10まで付けられるんですが、もっと下(上)を付けたいのにというのもよくある批評。それほど酷い(素晴らしい)ということですね。中には、マイナスが欲しいと言う意見までw 数学的な概念のマイナスは分かるけど、★−1ってどういうことだ?(笑) いずれにせよ、このパターンのレビューは、レーティングが★1か★10になります。

How I Met Your Mother

これはHIMYMの最終回のレビューから。この伝説の最終回は一度取り上げたいですね。(追記)取り上げました

Giving it 1 star because there is no lower option

https://www.imdb.com/title/tt3415304/reviews?ref_=tt_urv

2 Broke Girls

自分が好きな2 Broke GirlsもIMDbではボロクソ。以下はゼロを付けられたら、と仮定法です。

I would give it zero stars if I could.

https://www.imdb.com/title/tt5834204/reviews?ref_=tt_urv

登場人物死なないかなー

これは番組に憎しみを持ってしまったレビュアーが書きがちなパターン。その憎悪のあまり、「登場人物早よ死ね」と心待ちにしてドラマを見続けるのです。死んだ瞬間のカタルシスは如何程のものなのでしょうか? ちなみに、英単語catharsisには「下剤を使った便通」の意味があります。スッキリする感じが似てるんでしょうかね(笑)

The Handmaid's Tale

The Handmaid's Taleは宗教・政治的な主張も裏にあったりして、レビューもかなり荒れがち。そんな中でも、下記レビューは主人公の死に方まで言及されています(笑) でも、屋根から放り投げられてってどうなのよ?

I cant recall when I actually waited for the main character to be shot, hanged or perhaps thrown off the roof.

https://www.imdb.com/title/tt5834204/reviews?ref_=tt_urv

広告

最後に

さて、今回も絶賛放映中のBetter Call Saulを上記方程式に無理やり当てはめ、架空のレビューを作ってみます。自分が本当にこう思っているわけではありませんので、あしからず。

レビュー題レーティングにマイナスがないのが本当に悔しい・・・

レーティング

本文:この番組のあまりの酷さに、そしてこれ以上この番組の犠牲者を出さないためにも、今回わざわざアカウントを作ってレビューするものだ。この番組の最大の問題点は番組がスローであることであり、その犯人は主人公の兄チャックをおいて他にない。この人物は、電磁波から影響を受けるアレルギーがあるため、チャックが現れる場面には電磁気が発生しないことを保証する描写が必ず入る。蛍光灯を消したり、ブレーカーを落としたり、時には、従業員の時計やスマホを集めたりするシーンだ。これが毎回入るため、番組は必然スローテンポとなりがち。「チャックよ、家から出てくれるな」と視聴者が感じ始めたとしても、別段不思議ではないだろう。しかし、視聴者の気持ちとは裏腹に、チャックはあろうことか電磁波アレルギーを克服しようとし始める。ここまで来ると、「チャック早く死んでくれないかな」という邪悪な感情が茶の間の視聴者の中に芽生え始めても誰も文句は言えない。自分はこの番組の視聴をこのエピソードでストップするので、チャックが死んだら誰か教えて欲しい。レーティングが★1なのは、これが本サイトで付けられる最低点だからだ。もしマイナスが付けられるのなら、★−100をチャックに贈呈したい。