ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Better Safe Than Sorry

広告

Better safe than sorryは、後で後悔(sorry)するくらいなら最初から安全(safe)にしとけっていうことわざ。日本語でこれに対応することわざはなんでしょうね? 今回はこれについてちょっとしたネタがあるので紹介。

かなり前のこと、新聞の日曜版に英語コーナーがあるんですけど、その中の特派員のコラムを読んでいました。内容は、万引きとかぼったくりが海外では頻繁にあるということで、コラムのシメがこのことわざだったのですが、

Better to be safe than sorry

となっていたんです。あれ?自分が知ってるパターンとちょっと違うな、ということにはすぐ気づいたんですね。なんか長いから。普段なら意味が取れるからスルーするんですけど、その時は、なにか腑に落ちないし、自分が海外ドラマでよく見かけるパターン(本記事タイトル)も記憶があいまいだしで、結局辞書アプリ(英辞郎)で調べることにしたんです。そうすると、

Better be safe than sorry

と出てきた。あれ? toがないじゃん! toがないと意味が違ってくると思うんですけど・・・。後者はYou'd better be safe... となって、安全にしておいたほうが身のためだぞ的な脅し文句にも聞こえる。ことわざの内容的に、それはそれで正しいのかもしれないけどw でも、thanに対応する比較級がなくなっちゃうからsaferに・・・とか考えてたら、頭がめっちゃ混乱。結局、グーグル先生のお世話になることに。

www.merriam-webster.com

(it's) better (to be) safe than sorry

あらら、特派員コラムが合ってて、英辞郎(正確には例辞郎の例文)が間違ってるってことになるのかな。まあ、自分の英辞郎は1年以上前のものなので、最新版だとどうなっているかは不明ですが。

でも面白いことに、海外ドラマの字幕を検索すると、 Better be safe than sorryが1件だけヒットするんです。The Sopranosですけど。いずれにせよ、海外ドラマ内のマジョリティはBetter safe than sorryなので、これを使っておけば混乱は無いはず、です。