ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

A Blessing and a Curse / 祝福でもあり呪いでもある

広告

a blessing and a curseは、あることが良い面もあれば悪い面もある時に使われる表現。

これって海外ドラマの中では、ヒーロー(特殊能力あり)がよく使うフレーズのイメージ。例えば、コテコテの例を挙げると、相手の心を読める読心能力がある主人公。それを使って見事に事件を解決します。事件解決祝いにバーに出向き、バーテンダー(仲間)を相手に独りグラスを傾けてるシーン。バーテンダーが主人公に「今回も能力が役に立ちましたね」と投げかけると、その言葉と共に周りの客の雑多な心の中身までもが主人公の頭に流れてきます(読心能力ゆえ)。そこで、「Huh, it's a blessing and a curse.」とクスッと笑って(chuckle)、バーを後にする主人公。そしてエンドロール。完。

我ながら例がメッチャうまいと自画自賛しちゃいますけど(笑)、まさにこんな感じ。読心能力は天から与えられた恵みでもある反面、知りたくもない他人の思考も垣間見えてしまう呪いでもある。つまり、プラスでもありマイナスでもある。

でも、世の中の大抵のことは、プラスでもありマイナスでもありますよね。AIの進歩だってそうだし、宗教だってそうかもしれない。使えない上司は、仕事がサボれるから祝福と見なせるかもしれないけど、と同時にその上司の下では出世の見込みはないから呪いとも言える。考えれば他にも様々なことがa blessing and a curseで言えちゃう気がするんですけど、どうでしょうか?

と個人の意見はこの辺にして、海外ドラマでのこの表現の使われ方を見ていきたいと思います。

Monkから

名探偵モンクがこれに似た表現"It's a gift and a curse."を使うのですが、調べたらblessing版もあったので紹介します。モンクが空箱をヒントに犯罪を解決した回。場面は、相棒のシャローナがモンクがどうやって犯人を推理したかを尋ね、モンクがネタバレをしたところ。シャローナは見た空箱の数を全部覚えてるの?と驚きますが、モンクはと言えば、It's a blessing and a curse.です。そんな細かいところまで記憶されてしまうのは、まさに呪いですね。

シャローナ: You remembered how many empty boxes you saw?

モンク: Yes. It's a blessing and a curse.

Monk/Season 1/Episode 5

How I Met Your Motherから

テッドの上司はテッドのことを素直に褒めません。いつもテッドの提案に一度渋い顔をしてから、「冗談だよ、いい提案だね」と言う具合。それをいつものメンバーに話すテッド。ロビンは「上司はイケメンに違いない、そんなことしてタダで済む(get away with)のはイケメンだけ」というと、マーシャルは「a blessing and a curse」。つまり、イケメンなのに性格ヒネクレてるなんて・・・というニュアンス。

ロビン: Oh, wow, he must be really good-looking.

テッド: Why would you say that?

ロビン: Well, 'cause only good-looking people can get away with saying things like that.

バーニー: I have found that to be true.

マーシャル: It's a blessing and a curse really.

How I Met Your Mother/Season 2/Episode 13

最後に

今回紹介したa blessing and a curseはプラスとマイナス兼ね備えたものに使える表現でした。意外とライティングテストなんかで使えそうと思うのは私だけ? 技術の進歩系なテーマは必ずプラスの面とマイナスの面が付きものですし。こういったフレーズはちょっと大げさな響きに聞こえるかもしれませんね。でも、気に入った表現を積極的にアウトプットしていくのが英語上達のコツと思いますので、これ以外の表現でも気に入ったものはドシドシ使っていきましょう。

ちなみに、今回調べていて気づいたのが、モンクのおなじみのフレーズIt's a gift and a curse.。上で引用したSeason 1, Episode 5以前には使われていなかったのです。だから初出はIt's a blessing and a curse.の方なんですね。だけど、これって一般的すぎるフレーズなので、モンク固有のものにするため、It's a gift and a curse.と変形したんじゃないかな?とか推測。海外のモンクマニアとか、この辺詳しそう。

いずれにせよ、海外ドラマは英語勉強のblessingであるけれど、面白くて見過ぎちゃうのがcurseですね。祝いである反面呪い、と漢字ライム(笑)