ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Bread and Butter

広告

f:id:insaneway:20190526200426p:plain:w100

superstitionは日本語だと迷信、スティービー・ワンダーだと名曲。これって、英語学習してるとよく出てくるトピックの一つですよね。黒猫とか梯子の下通るとかが有名。あと木をノックするのも。そんな迷信で、最近知ったのが表題のBread and butter

Bread and butterには文字通りのパンとバターの意味の他に、生計の手段みたいな意味もあるんですけど、その他にもう一つ、悪運を避けるため唱えられるオマジナイの使われ方もあります。ではどういった時にそのオマジナイが唱えられるかと言うと、ラブラブカップルが手をつなぎ道を歩いているとして下さい。そのラブラブさ故周囲が見えないカップルは、運悪く電柱などの柱や通行人に突進してしまい、そのままスムーズに歩き続けるには一旦手を離す必要が出るとします。その手を離す時、「Bread and butter」と二人で言って、破局が訪れないようにするみたいです。確かに手を離すのはちょっと縁起悪いですからね。迷信のくせに説得力があります(笑)

これ結構よくあるシチュエーションだと思うんですけど、日本にはそんなオマジナイない気がする・・・。そこで、自分が苦吟の末作ってみたのが、

ご飯と梅干し

西洋がパンとバターなら、日本はご飯と梅干しでしょ!

しかし後日、Wikipediaにそのまんまの記事を見つけて、読んでみると・・・

The concept derives from the difficulty of separating butter from bread once it has been spread – buttered bread cannot be "unbuttered".

この構想は、一度パンにバターを塗るともう元には戻せないことから来ている – バター塗ったパンは未塗りに戻せない。

Bread and butter (superstition) - Wikipedia

あれれ

ご飯と梅干しは戻せちゃうじゃん!

ということで、再度検討の結果、本blogおすすめはご飯と味噌となりました。使いたい人はご自由にどうぞ。一応、バターと同じペースト状なのが高評価のポイント。両者発酵(fermented)してるし。納豆も候補に挙がったけれど、好き嫌い多そうなところで次点に泣きました。雑踏を歩いている最中、遠くから「ご飯と味噌ー」と聞こえてきたら、ラブラブカップルが障害物を前に手を離したんだと思って下さい(笑)

ちなみに、このオマジナイBread and butter、海外ドラマの字幕を検索しても、意外や意外、この意味では全くヒットせず・・・。自分が見た番組に偶々出てこなかっただけなのかな? Wikipediaに書いてある

typically said by young couples

もちょっと怪しい気がする(笑) 本当にナウなヤングは使ってるのでしょうか?