ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

マッコウクジラ可哀想過ぎる・・・

広告

f:id:insaneway:20181214043655p:plain:w150

だって、英名が

Sperm whale

だもん。精液ですよ精液

Wikipediaを読んでみると、クジラ頭頂部で見つかったドロっとしたものを、精液と勘違いしたからってあるけど・・・

Etymology

The name sperm whale is a truncation of spermaceti whale. Spermaceti, originally mistakenly identified as the whales' semen, is the semi-liquid, waxy substance found within the whale's head

Sperm whale - Wikipedia

一度広く普及してしまったがため、もう二度と変えられないこの残酷さ。

でも逆に、日本語でも、他言語圏の人から見れば、酷い名前を付けられている生物の例があるかもしれない。僕らが普段気づかないだけで。

フンコロガシなんてどうかなと思ってみたけど、英語でもdung beetle(糞、甲虫)と全く同じ発想だった(笑) なんかいい例無いかな?

最初のクジラに戻ると、マッコウクジラの日本語名だって、翌々考えてみれば不思議だよね。抹香じゃん。いい匂いしそう。

これも、Wikipedia日本語版に由来が載ってました:

和名と香料

和名「マッコウクジラ」の漢字表記は「抹香鯨」である。古代からアラビア商人が取り扱い、洋の東西を問わず珍重されてきた品に、香料であり医薬でも媚薬でもある龍涎香というものがあったが、それは海岸に打ち寄せられたり海に漂っているものを偶然に頼って見つけ出す以外、手に入れる方法が無かった。しかしその実、この香料の正体はマッコウクジラの腸内でごくまれに形成されることがあり、自然に排泄されることもあった結石であり、捕鯨が盛んに行われる時代に入ると狩ったマッコウクジラから直接採り出すことが可能になった。この、マッコウクジラの「龍涎香」が、抹香(まっこう)に似た香りを持っていることから、近代日本の博物学では中国語名「抹香鯨」に倣(なら)って「抹香(のような龍涎香を体内に持つ)鯨」との意味合いで呼ばれ、そのまま生物学名として定着した。

マッコウクジラ - Wikipedia

匂いが抹香に似てて良かった。くさやだったら、クサヤクジラだったのかな。

ちなみに、一時期は鯨油目的の乱獲で頭数が激減したマッコウクジラも、今はendangeredの一歩手前のランクまで回復したみたいね。絶滅危惧種の保護なんかのテーマで英作文書く時は、マッコウクジラなんて題材にいいんじゃないかな。spermという英単語を真面目な文脈で使える特典付き(笑)

これだけではあまりに英語関係ないので、最後に英語っぽいことをして締めたいと思います。

昔居たドードー鳥という鳥は、もう既に絶滅しちゃってるんだけど、英語表現の中には残っています。それが、「go the way of the dodo」。意味は、ドードー鳥の道を行く=絶滅する。die outとかextinctなんかと同じですね。次のグリーの場面は、グリークラブをドードー鳥と同じ道を辿らすわけにはいかない、と徹底保護の姿勢。

we cannot let that glee club go the way of the dodo.

Glee/Season 5/Episode 12

「go the way of the sperm whale」 がV字回復を表す表現に近い将来なればいいですね。