ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

海外ドラマの中のバンドエイド

広告

f:id:insaneway:20181214050405p:plain:w100

バンドエイドって商品名だから、NHKの放送なんかでは絆創膏かなんかに置き換わる単語ですよね。でも、海外ドラマだと普通に使われる単語。そして、使われ方は千差万別。「それはバンドエイドを貼るようなもの」という「効果なし」を意味したり、「とりあえずバンドエイド貼っておく」といった「応急処置」の意味で使われたり。後は、「バンドエイドを剥がす」という例えだったり。全部、日本人にも理解可能な表現なんですね。バンドエイドに関する類似の体験があるからでしょうか。

そこで、このバンドエイドがどのように使われるのか、海外ドラマ内で確認してみましょう。

The Big Bang Theoryから

旗について語る番組Fun With Flags撮影中に、友人のウィルと恋人のエイミーが仲違いし、その間に挟まれてしまうシェルドン。エイミーは自分の味方をしないシェルドンに呆れて帰ってしまいます。そのことをペニーに相談すると、「謝れ」という単刀直入なアドバイス。しかし、シェルドンにとってそれは、最高でもバンドエイドにしかならないソリューションなのでした。

ペニー: Yeah, Amy told me what happened. Look, just apologize.

シェルドン: That's a Band-Aid at best. The core problem is that Amy and Wil do not like each other... which is baffling because they're both crazy about me.

The Big Bang Theory/Season 6/Episode 7

Stranger Thingsから

ウィルの体が影の怪物に乗っ取られつつある状況。医者たちは対策がわからず、手をこまねくまま会議が続きます。一人の医者が、ウィルと繋がっていると思われるナメクジ怪物を燃やそうと提案すると、「それはバンドエイドを貼るようなもの」と拒否られます。しかし、「バンドエイドが最善の選択肢」と、提案した医者はひきません。最善がバンドエイドなんて、相当やばい状況です。

医者A: You're talking about putting... putting a Band-Aid on this.

医者B: Right now, a Band-Aid is the best option.

Stranger Things/Season 2/Episode 6

Friendsから

恋人ジャニスに別れ話を持ち出せないチャンドラー。フィービーのアドバイスは、「君ならできる、バンドエイドを剥がすようなもの」。でも直後に「速く剥がせ」って、どんなアドバイスだw

フィービー: You can do this. It's like pulling off a Band-Aid. Just do it really fast, and then the wound is exposed. Go! Go!

Friends/Season 1/Episode 5

24から

テロ対策ユニット本部が何者かに爆破されます。現場で対応にあたるメイソンはIT担当者に、「ネットワークの応急処置するよね?」と命令。担当者はon itで取り掛かります。ここのバンドエイドは一時しのぎの対応の意味ですね。

メイソン: You putting band-aids on the network?

IT担当者: Yeah. I'm on it.

24/Season 2/Episode 5

最後に

今回はBand-Aidが出てくるシーンを一通り見てみました。場面状況が分かれば全て理解できるものなのではないでしょうか? 基本は一時しのぎの意味ですね。そこから焼け石に水的な意味も出るようです。

ところでフレンズの例に戻ると、フィービーの「バンドエイドを剥がすようなもの」って、正直どんなニュアンスなんですかね? 自分は簡単って取りましたけど。一応ググると、

to rip off the Band-Aid

to finish a difficult task or situation quickly and immediately in order to avoid a prolonged painful episode

rip off the Band-Aid

なんてイディオムが出てきたりもします。フィービーのは冠詞が違うのと、likeがあるのでイディオムではなさそうですけどね。まあ、奇人フィービーの言動を正確に理解しようとすること自体ナンセンスかもしれません(笑)

個人的には、このバンドエイドって表現、スピーキング等で普通に使える気がします。例えば、地球温暖化対策で、「割り箸を使わないように自分の箸を持ち歩く」、「クーラーを頻繁にオン・オフする」、「サマータイムを導入する」、こういったものは全て「バンドエイドを貼るようなもの」と言えば、実行する価値が相当低く響きますから。