ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Britishシットコムで一番好きなシーン

広告

British Humor(Humourのほうがいいかな?)って小難しいイメージがありますよね。すごい遠まわしに皮肉を言ったり、知的な感じでシェイクスピアとか理解していないと分からない、みたいな。それもある面正しいんですけど、普通に笑えるのもあるというのを今回は紹介。Britishシットコムの中で個人的に一番好きなThe IT Crowdから。

どこの会社でも上司が違う部署から天下ってくるってのはよくありがちですよね。特に間接部門でお金を直接稼いでないところに多いかな。そういった上司は、通常現場の業務知識とかは皆無なわけです。知らないなら知らないなりに口出さなければいいのに、得てしてそういう上司は自分色を発揮したがるもの。そして、変なプラクティスを導入して現場が混乱するのは、もうおなじみですよね。結局、その上司がいなくなったらプラクティス自体が廃止になったり(笑)

The IT Crowdの某会社IT部門で働いているモス(メガネ男)とロイ(無精髭男)のところにも、ITの知識が皆無な女上司ジェンがやってきます。このジェンは、なんと株主の前で自部門のIT部門を紹介をする必要がでてきました。IT知識の全く無いジェンが取った行動はどこの会社でも見かけるもの。そう、部下に資料を作らせるw 通常業務+上司の資料作り。面倒くさいこと半端ないです。でも、ただで引き下がるモスとロイではありません。ジェンを株主の前で恥をかかせてやろうと一計を案じます。それが次のシーン。

ただ見るのではつまらないので、簡単なクイズを出しておきます。見ながら考えてみて下さい。

  1. 黒い箱はなんだとモス(メガネ男)とロイ(無精髭男)は言ってますか?
  2. 黒い箱に対するジェン(女上司)の印象は?
  3. モスとロイによると、黒い箱は通常どこに保管されているでしょうか? そしてその場所である理由は?
  4. ホーキング博士は黒い箱に何をしたとモスは言ってますか?

それではどうぞ

www.youtube.com



以下クイズの正解です。

1. 黒い箱は何?

正解は、

インターネット

でした。ビデオの冒頭に

ジェン: What is it?

モス: This, Jen... is the Internet.

という会話からわかります。Thisの直後にJenと呼びかけが入っているので、ちょっと分かりにくいかもしれませんね。

2. 黒い箱に対するジェンの印象?

小さい、コードレス、軽い

です。複数正解がありました。全部わかった方はすごい

ジェン: It's so small!

ジェン: it doesn't have any wires or anything.

ジェン: It's so light!

3. 黒い箱の保管場所とその理由?

正解は、

ベッグベン(の最上部)、最高の受信が得られる

です。保管場所がビッグベンなのは、ロイが黒い箱をビッグベンに戻そうとしてるところからわかります。でも、理由まで聞き取るのはかなり難しかったかもしれません。モスのbest receptionでしか説明されていませんので。結局、インターネットをテレビ・ラジオと似た技術としてIT音痴なジェンに信じ込ませています(笑)

ロイ: this needs to go straight back to Big Ben.

モス: it goes on top of Big Ben.

モス: That's where you get the best reception.

4. ホーキング博士は黒い箱に何をした?

A. 消磁(demagnetize)

が正解でした。二人のセリフをつなぎ合わせる必要があるので難しかったかもしれません。demagnetiseはモスとロイが小難しいことを言ってジェンをかついでいるだけですね。でも、ホーキング博士がいなくなった今となっては、誰がこのdemagnetizeの作業をするのでしょうか・・・(笑)

ロイ: Well... Moss, has it been completely demagnetised?

モス: By Stephen Hawking himself.


それでは最後に、シーンを大まかな内容の説明。部下モスは女上司ジェンに、黒い箱をインターネットだと思わせようとします。そして、それを株主の前で披露させ恥をかかせようとします。ジェンはというと、最初はちょっと疑心暗鬼。コードがないとか軽いとか言いますが。モスは無難にその理由を説明し、ジェンは納得します。ジェンがインターネット(単なる黒い箱)を持っていると、そこへ、もう一人の部下ロイが入ってきて驚いたふりをします。曰く、「ジェンはインターネットで何やってるんだ?」。モスがジェンの株主へのスピーチで使ってもらうつもりと言うと、それはだめだ、ビッグベンに戻せと言います。この辺はGood Cop Bad Cop的な感じですね。モスはインターネットの長老たち(The Elders of The Internet)も貸し出しの許可を出したと言いますが、ロイはまだ引き下がりません。最後に消磁化(demagnetise)は済んだか?と聞くと、ホーキング博士によって済んだとモス。そこまでやってるならと、ロスはジェンが黒い箱を株主へのスピーチで使うことに不承不承同意します。最後に、黒い箱を東洋的なお辞儀をして渡すことで、黒い箱の重要さを演出。ジェンが部屋に戻ると、信じ込ますこと大成功でダンスする二人の図です。

この後の実際のジェンのスピーチがどうなったかは、ご自身の目で確かめて下さい(笑)↓↓

www.youtube.com