ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

マウスに話しかける=IT音痴

広告

ビッグバン★セオリーの最新かつ最終シーズンが米国では放送されていますけど、自分は各種Blogなんかで逐次動向をチェックしています。そんなBlogやテレビ関連記事なんかの情報源によると、ビッグバン★セオリーとそのスピンオフである幼少期のシェルドンを扱ったYoung Sheldonのcrossover(垣根超え)が行われているようですね。まあ、あと数ヶ月で終了するビッグバン★セオリーの視聴者をそのままYoung Sheldonに取り込みたいというのはTV局としては当然の戦略。願わくば、ビッグバン★セオリー本編ストーリーに矛盾がおこらなければいいのですが。

そんなBlogの記事を追っていたら、Young Sheldonの次のシーンを見つけました。シェルドンのおばあちゃんのミーモーがパソコンのマウスに話しかけているシーン(笑)

f:id:insaneway:20181128203233j:plain
Young Sheldon [Credit: CBS]

これって、パソコン音痴によくある間違いですよね。パソコンの前で何していいか分からないから、とりあえずコードが出ているマウスに話しかける。

でもさ、実際こんな人っているのかな?? 見たことある人いる??

既にパソコンが普及した今となっては、こんな人を見かけるチャンスはないのかもしれない。それこそ、無人島で30年生活していて、最近文明社会に帰ってきた人でもない限り。 でもパソコンがまだ普及されてなかった大昔、1990年代とかにこんな人本当にいたのだろうか? ちょっと胡散臭い気がするんだけどね(笑)  

本当にいたかどうかはともかくとして、調べてみるとこの「IT音痴がマウスに話しかける」はよくあるTVのお約束みたいですね。

次のシーンは、The IT Crowdの1シーン。この人もマウスを通してパソコンに話しかけている(笑)

f:id:insaneway:20181128203230j:plain
The IT Crowd [Credit: Channel 4]

こういうお約束はTropeと言って、海外では専用のサイトまでできています。皆さんも海外ドラマの中でお約束を見つけたらこのサイトでぜひ調べてみたください。ほぼ見つかると思いますよ。

エレコムなんかのパソコン周辺機器会社は、このお約束を逆手に取ってマイク付きのマウスとか販売したらどうかな? 売れないか(笑) 

tvtropes.org