ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

トランプ

広告

f:id:insaneway:20190526231226p:plain:w100

米国トランプ大統領がロシア関係でちょっと窮地ですね。どうなるんでしょうか・・・。そんな大統領の名Trumpですが、英語だと日本語のトランプ(52枚一組のカード)の意味って全く無いですよね。トランプする時あっちではto play cardsって言ってます。to play trumpではないんですよね。。また紛らわしいパターンです。日本語でどうしてトランプになったんだ(笑) じゃあ、英語のtrumpはどういう意味で使われるかと言うと、名詞で「奥の手、切り札」、動詞で「(奥の手を出して)〜に勝つ・勝る」というように使われます。例えば、次のプリズン・ブレイクのシーンでは、DNAの優位性をtrumpで説明、と言う感じ。

DNA trumps everything.

Prison Break/Season 4/Episode 5


ついでにplay cardsつながりで、play the cardという言い方もありますね。「切り札・奥の手を出す」って意味です。この表現には興味深いバリエーションがあって、play the ○○ cardという使われ方が海外ドラマでは非常によくされます。数例を列挙してみましょう:

He's not above playing the dead meemaw card.

The Big Bang Theory/Season 3/Episode 19

I'm not gonna play the sympathy card.

The Last Man On Earth/Season 2/Episode 7

How long do you plan on playing the victim card?

Glee/Season 3/Episode 2

こんな感じで、この表現はめっちゃ使われるんです。使い方は至って簡単。例えば皆さんが会社を私用で休みたいとします。でも正直に私用を理由にするのは気がひけるので、遠い親戚が死んだことにするとします。それがまさに、to play the "dead relative" card。まさに奥の手を出す感じですね。でも、親戚を殺しすぎると怪しまれること請け合いです(笑) 

最後に、trumpと一字違いのtramp(/træmp/)も海外番組にはたまに出てきますので見てみます。意味は「売春婦・あばずれ」。無節操な女性を指して使われることがほとんどですね。この意味でのtrampは次のTBBTでも使われています。場面は、ペニーが想いを寄せていた男が居たと告白すると、シェルドンはそれが自分だと錯覚。ペニーが違うと否定しても譲らず、「スィーティーと呼ぶじゃん」と反論。ペニーが誰にでもそう呼んでると言うなり、ペニーのことをtramp呼ばわりです(笑) ここのtrampは動詞ではないですね。

シェルドン: Are you sure? That would explain so much. Your constant presence in my apartment... that baffling dalliance with Leonard just to be near me... the way you call me sweetie all the time.

ペニー: I call everyone sweetie.

シェルドン: You tramp.

The Big Bang Theory/Season 5/Episode 10


さて、トランプ大統領に話を戻すと、大統領信者の方は愛国者が多めなので、ロシアときな臭い関係があったとなると、任期を全うするのすら怪しくなってきそうです。大統領に状況を逆転するなにか隠し持った切り札があるのか、それとも今までのようにplay the "I don't know" cardをするのか注目ですね。