ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

トランプ大統領のネットでの呼ばれ方

広告

トランプ大統領がどんな感じでネットで呼ばれてるか見てみます。

Idiot, Moron, Schmuck, Traitor

この辺はおなじみのこき下ろし方。idiot, moron, schmuckは馬鹿、阿呆、traitorは売国奴。他にも多数で、挙げればキリがない(辞書が作れそうw)。まあ、どの国でも貶すのは同じパターンですね。どんな言語を使っていても結局人間は同じなんだと何故か安心します。

(追記) Google CEOとの下院公聴会で、"idiot"で画像検索するとどうしてトランプ大統領の画像が出てくるのか?というやり取りがあったようですw

Orange ○○

○○にはdum-dumだったりの名詞が入りますが、特徴的なのは形容詞orangeなんでオレンジなの?って感じですけど、どうもトランプ大統領の肌の色がオレンジに映るみたいですね。そうかな? ネット上では、なぜ彼の肌はオレンジなんだという議論もあって、日焼けサロンとか、メイクして日焼けっぽく演出してる等意見があるようです。でもさ、単なるゴルフ焼けなんじゃ?(笑)

POTUS

これは略称ですね。President of the United Statesの頭文字を取ったもの。ネットのコメントでしか見たことないので、どう発音するかは不明。ポータスかな?

Individual-1

これは最近出てきた呼ばれ方。現在トランプの周辺に捜査が及んでいますが、その捜査レポートの中でIndividual-1と匿名にした個人が出てくるんです。でも、「前の雇い主」等の情報からトランプなのが明らかなんですね(笑) これは日本でも「関係者1」と言う感じで、個人をぼやかしたりするのと同じですね。

f:id:insaneway:20181208222151j:plain
[Credit: MSNBC]

Agolf Twitler

これを見たときは思わず唸ってしまった。うますぎる・・・。もちろんヒトラーに引っ掛けているんですけど、ゴルフ好きだからAgolf、Twitter好きだからTwitlerと完璧です(笑)

45

たまに45と数字で呼ばれますけど、これは45代の大統領だからですね。と言っても、45を使う人々は名前すら書きたくないという強い思いがあるようです。トランプ大統領が、どんな文脈でも自分の名前が出てくると喜ぶからあえて避ける、というのもありました(笑)

マーベラス・ミセス・メイゼル視聴の合間の空いた時間で、ちょっと記事を書いてみました。もう一つ何かあったんですけど、思い出せない・・・。思い出したら追加しておきます。45追記済み。