ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Am I the only one who... ? / ○○って俺だけ?

広告

f:id:insaneway:20191010151549j:plain
Image by Hero Yoshi from Pixabay

普段はYoutubeのコメント欄とか書き込みしないんですけど、週末ふらっと書き込みをしたら、それにいいねをもらえて、嬉しさのあまりいろんな動画にコメントしてしまいました(笑) いいね以外にも返信もらったり、かなりいい経験になりました。普段英文書かない(書く機会がない)人は、Youtubeのコメント欄に書くのはどうかな? そんな気張る必要ないしね。

ただし、古い動画にコメント載せても反応はかなり薄い感じ。狙い目はアップロードされたばっかりの動画。面白い米ならそれなりに反応があります。

そんなことをやってたら、みんなから返信をもらえる魔法の文章が分かってきた。それが、表題のAm I the only one who... ?「○○って俺だけ?」、「俺以外にもいるよね?」、「みんなもそうでしょ?」という同意を求める感じ。○○を工夫すれば、返信を結構もらえます。実例を挙げると、

Am I the only one who thinks a Bernie/Stephen bill wouldn't be such a bad thing?

とすれば、「○○と思ってるの俺だけ?」だし、ちょっと変化させて、

Please tell me I'm not the only one who is terrified for the future.

とすれば、「○○なのは俺だけじゃないと言ってくれ」と同様の考えの人を強く求める響きになる。この例文はちょっと悲痛な感じかな(笑)

こうすれば絶対いいね・返信が貰えるわけじゃないけれど、やっぱり無反応より反応があったほうがモチベにもなるから、コメントをする時の一つのパターンとして使ってみてはどうでしょう?

ネットのコメントもよくよく観察すると定型文でできているんですよね。気に入ったフレーズがあったら、自分のものにしていくと良いと思います。