ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Kabuki

広告

f:id:insaneway:20190526210358p:plain:w100

Kabukiって日本の歌舞伎のことです。正直自分は歌舞伎って見たことないんですけど、アレって初めて見ても面白いのかな? 男が女演じたり、いろいろお約束を理解してないと楽しめないっぽく感じてしまいます。外国人もそれはおんなじなのでしょうか? いくらセリフが英語になってたとしても・・・。

そんな歌舞伎ですけど、海外ドラマだと、はぐれメタルに出会う確率でしか言及されないんです。本当に数例。でも、その言及のされ方が日本人にはちょっと分からないものなんですね。斜め上というか。そこで今回は、Kabukiがセリフに出てくる場面を見て、どう誤解されているかを見てみたいと思います(笑)


次のElementaryでは、強盗の目的が金ではなく別のものにあることを、kabuki theaterを使って言っています。直後にパラフレーズしてdistraction(気を散らす物)と説明してるので、言わんとすることは分かりますね。でもさ、歌舞伎ってdistractionなの?(笑) 変なコスチュームにエキゾチックなメイクしてるから、そっちに気を取られ内容が入ってこないってこと??

The robbery wasn't about the money. It was kabuki theater, a distraction from what was really happening.

Elementary/Season 4/Episode 19


次のCastleは更に凄い。捜査官ケイトは地下組織に捕まり、水攻めの拷問(waterboarding)を受けてる最中。髪を捕まれ水の中から顔を引き上げられたところに、悪党が一言「今回は歌舞伎場なしで行こうや。あれは威厳がないからな・・・」 遠くに目をやると、赤く染まったマンホールが・・・。って、あんたにとって

歌舞伎ってなんなのさ(笑)

顔に引いた赤いラインのことなんか? なんか、すっごい誤解のされ方(笑) まあ、ここでは、血が出る拷問無しってことですけど。

Let's do without all this Kabuki theater, Detective. It's undignified.

Castle/Season 6/Episode 17

f:id:insaneway:20181218213214j:plain:w400
Castle [Credit: ABC]

といった感じで、自分には全く理解できない使われ方です。でも、視聴者に馴染みのないKabuki Theaterを使って、何が起こるのかを視聴者の想像に委ねるのはありなのかもしれない。

ちなみに、毎度おなじみUrban Dictionaryによると、Kabukiには「偽物、不誠実、見せ掛け」の意味があるようです。これもなんでそんな意味になったのか分からないけど、一応最初に出した例には合ってる感じ。

Kabuki

Theatre, artifice, fake, insincere, something done only for show. AKA lip service

Urban Dictionary

以上、日本人には全く想像の斜め上のKabukiネタでした。Kabuki theaterの拷問は、死んでも避けたいところですね(笑)