ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

子供のDecision Making

広告

decision makingは日本語にすると意思決定。人生は意思決定の連続と言われますよね。大きいところでは、どこの大学行って、どこに就職するか。小さいところでは、英語勉強だってそうだし、朝傘持って行くか、飯どこに食べに行くかもそう。その決定如何で、飯食ってる最中隣のビルが爆発して怪我したりするんですから、本当に怖いものです。

その意思決定の方法論を子供が練習してるんですけど、これがめっちゃ可愛い! そんなスレッドをredditに見つけました。ちょっと見てみましょう。

f:id:insaneway:20181218014653j:plain

What's the Problem?

My sister socked me in the nose.

sockは靴下なので、鼻に靴下を被せるのかと思ったら、

sock

(げんこつで)…を強くなぐる

ウィズダム英和辞典

という意味が・・・つまり顔面をパンチされるんですね。これは大問題(笑) ちなみに、幼い子でも V + 人 + in the 体の一部 - ドラマの中の英語 は理解してるんですね。すごい!

次は、その問題解決のために必要な情報。ここは読み取るのが難しかったので、redditの分析班のレスから抜粋。

Information Needed

My sister is littler.

It hurts me.

はい、littlerです。あれ? littleの比較級ってlessじゃないの? そもそも、ここのlittleってどういう意味で使ってるのかな? 年少の意味なら比較級にする必要なくない? little sisterってよく言うし。また、サイズが小さいことを指してlittleなら、比較級だとそれこそless? あれ? なんかおかしい。そこで、辞書を引いてみると

little

〖通例可算名詞の前で〗(形の)小さい〈人・物〉; 小規模の〈集団など〉(↔ big, great); 背の低い〈人〉; (ほかより)小さい (!比較変化形はsmaller, smallestを代用するが, ⦅主に米話⦆ ではlittler, littlestも用いられる)

ウィズダム英和辞典

あ、littlerがあった(笑) ということでlittlerは文法的に正しいっぽいですね。redditスレの中でも、そんな単語はないと言い切ったけど後で、自分の間違いを認める人も出ているようです。

次に、It hurts me. このitはパンチされること。痛いようです(笑)

最後に3つのソリューションを考え出したこの子。それぞれの案の長所短所を見比べ、最終的に短所がないC案「クローゼットに閉じ込める」を取ったようですね。おしいれのぼうけんが始まりそう(笑) こんな小さい子供のプリントでも、結構英語の勉強になるもんですね。それと同時に、自分がネイティブの子供レベル以下なのも分かります・・・

A B C
Option Punch her lights out Tell on her Lock her in the closet
Positive Consequences I will be happy She will get in trouble I will never see her again
Negative Consequences I will get in trouble I will be a tattletale I don't see any

ボキャブラリーを順に見ていくと、

punch someone's lights out気絶させる

get in trouble面倒なことになる

tell on告げ口する

tattletale告げ口屋

自分は気絶させるイディオムを初めて知りました。パンチを食らって光がなくなればそれは真っ暗闇。意識を失ってるんですね。

www.reddit.com