ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

海外ドラマの中の"Walk Into A Bar"ジョーク

広告

f:id:insaneway:20190525220227p:plain:w200

ジョークって結構フォーマットが決まってるもんですよね。ノックノックとドアを叩かれたりなんかが典型的。そんなジョークの中の一つがこの"Walk Into A Bar"ジョーク。とある人物がバーに入っていって、なんか会話をする。その会話がウィットに富んでいればOKなジョークです。

それでは早速、このジョークが海外ドラマの中でどんな感じで出てくるか見てみましょう。

ホテル・バビロンから

この馬がバーに入っていくパターンは超古典的。英語を勉強してれば必ず一回は聞くジョークって感じです。このジョークのオチがlong faceであることは、意味を知らなくても推測できますよね。辞書によればlong faceは「浮かぬ顔」の意味。もちろんお馬さんなので、実際見た目もlong faceでもあるというわけ。ちなみに、Why the long face? は決まり文句なので、このまま覚えちゃってOKです。「浮かない顔してどうしたの?」ってニュアンス。

A horse, he walk into a bar. And the barman say... "Why the long face?"

Hotel Babylon/Season 3/Episode 6

ビッグバン★セオリーから

次はTBBTシェルドンの物理ジョーク。ニューロンは中性子で電荷(charge)が無いんですね。だから、それをno charge(無料)と掛けているんです。前述のホテル・バビロンではbarmanでこちらはbartenderなのは、英米の英語の違いですね。

シェルドン: a neutron walks into a bar and asks, "How much for a drink?" The bartender says, "For you, no charge."

The Big Bang Theory/Season 3/Episode 18

ザ・ラストシップから

さて、最後は自分がめっちゃ気に入っている"Walk Into A Bar"ジョーク(?)。駆逐艦ネイサン・ジェームズの艦長とその部下がロシア軍の捕虜となってしまいます。そこで副艦長(XO)が全艦隊員に艦内放送するのが次のシーン。二人の海兵隊員がバーに入っていき、二人は出てくる。ただそれだけ(笑) あれオチは? なんと、"Walk Into A Bar" ジョークと思いきや、全然違うんです。二人を助け出すという強い決意を述べているのでした。

副艦長: This your XO. So... two sailors walk into a bar... and they both walk out...

We will get our men back. We will get our captain back. That is all.

The Last Ship/Season 1/Episode 8

最後に

今回は"Walk Into A Bar" ジョークを海外ドラマの実例を元に見てみました。walk into a barの箇所だけが定形で、あとは自由な感じですね。自分でオリジナルのを作るのはハードルが高いですけど、海外ドラマではちょくちょく出てくるので、"walk into a bar"というフレーズが出てきたら、このジョークと思って間違いなし。最後のThe Last Shipの例のように、少しヒネるパターンもありますけどね。