ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Maybe vs. Perhaps

広告

f:id:insaneway:20191011110207j:plain
Image by Gerd Altmann from Pixabay

A Way with Words | Maybe vs. Perhaps

ポッドキャストのA Way with WordsにMaybePerhapsの違いについての質問がありました。これは英語学習をしてる身としても非常に気になるところです。

早速Podcastを聞いてみたところ、結局Perhapsの方がちょっとハイソな感じみたいですね。これは海外ドラマを見てきた自分の実感とも一致していて嬉しいところ。

というか、maybeが使われすぎちゃってるってだけかもしれません。YesからNoまですべてmaybeに含んでますし(笑)

実際、Urban Dictionaryにも

maybe

You can use this word for anything, it can mean yes or no or just an answer

Urban Dictionary: Maybe

って感じ。他にもシニカルなのが

maybe

Girl: Maybe = No.

Guy: Maybe = Maybe.

と、女性のmaybeはNoですって(笑) きっとデートに誘ってmaybeと言われてすっぽかされた経験があるんでしょうね(笑)

ということで、会話で普段Maybe一辺倒の方は、たまにはPerhapsもいいかもしれませんね。ちょっと洗練された感じを出せるかもしれません。

嫌な野郎にデートに誘われたなら、maybeの方が良いのかもしれません(笑)