ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Not It.

広告

Not itゲーム

Not it.はある種のゲーム。でも日本にはないので(多分)、日本人的には新鮮です。

これが使われる状況は次のような感じ。子供が三人遊んでいるところに、お母さんがお使いを頼みます:

母: 誰か買い物行ってきてくれない?

子供1: Not It.

子供2: Not It.

子供3: Not It.

さて、この時誰が買い物に行かされると思いますか? 当然、子供3ですね(笑) だって、遅れてNot it.ですから。

こんな感じで、複数人のうち1人がなにかしないといけない時に「Not it.」ゲームが突如起こるんです。そして、最後のNot it.がやる羽目になります。日本語訳は、「俺やんない」とか言ったところ。このゲームって日本にはないと思うんですけど、どうでしょうか? 無気力を競うのは日本人の趣向には合ってない感じです。いずれにせよ、ちょっと子供じみたゲームなのは確か。

ちなみに、一刻を争うので、Not itはすばやく発音されます。ノイくらいに聞こえると思います。

怪奇ゾーン グラビティフォールズ

次の怪奇ゾーン グラビティフォールズでは、看板を掛けてくる雑用を頼まれた子どもたちが即座にNot It.です。スースも遅れてNot It.しますが、スタンはスースには頼んでいません。したがってこの場合は、最後に言ったディッパーが行く羽目になるんですね(実際行かされて、偶然ジャーナルを見つけるのでした) それにしても、メイベルはこういうの素早いですね(笑) ちなみに、メイベルの声優さんはThe Last Man on Earthのキャロル。けだるい声が特徴的な女優さんです。

スタン: I need someone to go hammer up these signs in the spooky part of the forest.

メイベル: Not It.

ディッパー: Not It.

スース: Uh, also not it.

スタン: Nobody asked you, Soos.

Gravity Falls/Season 1/Episode 1

パークス・アンド・リクリエーション

次はParks&Recのシーン。トムがどっちか彼に真実を話してくれと頼むと、モナリザが間髪をいれずNot It.。二番に甘んじたラルフィオはYou got me.です。意味は、「参った、やられた」って感じ。モナリザとラルフィオは兄弟でチャラチャラしてるので、やっぱりNot it.は子供じみた印象ですね。

トム: Please, one of you has to tell him the truth.

モナリザ: Not It.

ラルフィオ: Not It. Ooh, you got me!

Parks and Recreation/Season 6/Episode 1


最後に

ということで、今回は「Not It.」を言うゲームもどき(?)の紹介でした。お願いをされた時にすかさずNot It.と叫ぶ感じです。嫌なタスクを割り当てられそうなビジネスシーンでは・・・当然使わないほうがいいでしょうね(笑)

ちなみに、この「Not it.」が別の意味で使われるシーンを見つけました。フレンズのモニカがお目当てのウエディングドレスを探しているシーンです。ここのnot itの意味は当然「これじゃない」ですね。この後、ウエディングドレスを同時に掴んで譲り合わない、海外ドラマにはおなじみな修羅場になります(笑)

モニカ: No, not it. Not it. Not it.

Friends/Season 7/Episode 17

f:id:insaneway:20190112011647j:plain
Friends [Credit: NBC]