ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

ディズニーの新しいストリーミングサービス

広告

f:id:insaneway:20190525155400p:plain:w120

が発表になりましたね。Disney Plusという名称らしいですけど、プラスって・・・もっとなんか他になかったのかな?(笑)

報道によれば、2019年12月にまず米国でローンチして、料金は月6.99ドルとかなり意欲的な値段。ネットフリックスの対抗馬としては、ディズニーのブランド名といい、値段といい申し分ない。個人的に、全ての海外ドラマはネットフリックスに集まれば便利とは思ってましたけど、一強になるとそれはそれで競争原理が働かないので、一利用者としては今回の発表は大歓迎です。ちなみに、日本ではいつローンチするんだろう? 私のこと雇ってくれないかな? ネトフリに対抗するアイデアは100はある(笑)

ディズニー系のコンテンツは全てDisney Plusに一極集中でしょうね。自分は「塔の上のラプンツェル」シリーズと「怪奇ゾーン グラビティフォールズ」シリーズがいつでも見られれば大満足です。 そういえば、マーベルやピクサー、スターウォーズなんかもDisneyなんだよね。そして、ディズニーは最近シンプソンズを買ったらしい。日本であのキャラは人気でなさそうだけどね(笑)

最近のネトフリでのマーベル系のドラマ打ち切りとか考えると、この辺色々大人の事情がありそうですね。結構きな臭い感じ。Disney Plusが成功するかどうかにかかわらず、こういうドロドロした舞台裏を将来ドラマ化してくれたら面白いのにね。いずれにしても、ネットフリックスも静観するほど甘くはないだろうから、今後の展開に注目。日本のディズニー・チャンネルはどうなるんだとか、60%株主のHuluとの関係は?とか考えだしたらキリがないです。

www.cbsnews.com