ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

フランケンシュタイン

広告

f:id:insaneway:20190525223251p:plain:w100

イラストから記事を書く企画第三弾はフランケンシュタイン・・・ではなく、科学者フランケンシュタインが作った怪物です。

そうなんです。この怪物の名前はフランケンシュタインじゃないんですよね。これはちょっとしたウンチク。この事実って海外ドラマではよく出てくる印象です。多分、キャラの性格付けがこのセリフだけでできちゃうからでしょうね。だって、次のような会話を考えてみてください:

-フランケンシュタインのお面を被った奴がハロウィン会場に居てさー

-ちょっと待った。フランケンシュタインは作った科学者の名前だよ。

ね、かなりうざいですよね(笑) 重箱の隅をつつく野郎だなって感じ。

実際の海外ドラマでも同じようなのが出てきます。

名探偵モンクから

ハロウィン中にフランケンシュタインの作った怪物の格好をした人物に襲われた被害者。事情聴取レポートに「フランケンシュタイン」と書いておけという警部に被害者が反論します。フランケンシュタインは怪物の名前ではないと。やはりこのセリフだけで、被害者の細かい性格の一端が分かってきますね(笑)

警部: Write down "Frankenstein".

被害者: No, it wasn't Frankenstein. It was Frankenstein's monster. Frankenstein was the name of the scientist who created the monster.

警部: Well, it doesn't really matter.

被害者: Captain, you can't just say, "Frankenstein"!

Monk/Season 4/Episode 2

リック・アンド・モーティから

謎の寄生虫により記憶が改ざんされていくリック達。周りに寄生虫が扮するキャラが居ても、昔からの友達と感じてしまいます。そんな中、モーティーの父親に似たSleepy Garyがフランケンシュタインを見て、フランケンシュタインのウンチクを語ります。この瞬間、視聴者はSleepy Garyが寄生虫だと分かるんですね。だって本物のGaryって賢くないから。そのシーンのイメージを下に貼っておきます。フランケンも居ますし、よく見ると招き猫まで(笑)

Sleepy Gary: I'll tell you a secret about Frankenstein... He's actually Frankenstein's monster.

Rick and Morty/Season 2/Episode 4

f:id:insaneway:20190115000957j:plain
Rick and Morty [Credit: Adult Swim]

最後に

以上見てきたように、海外ドラマではフランケンシュタインの名前のウンチクがよく出てきて、キャラの性格付けに使われるのでした。ビッグバン★セオリーでもシェルドンが言ってたと思います。

ちなみに、フランケンシュタインつながりでreddit掲示板に面白いやり取りがあったので紹介します。

The GOP can't control their Frankenstein. Way to fuck up assholes.

共和党はフランケンシュタインを制御できていない。もちろん、ここではフランケンシュタインはトランプ大統領のこと。toはtooの間違いかな。

Frankenstein was the doctor, not the monster.

やはり名前でツッコミが入ります。

An intelligent person knows Frankenstein wasn’t the monster. A wise person knows Frankenstein was the monster.

この返しが秀逸なんです。

知識がある人はフランケンシュタインが怪物でないことを知っている。

知恵がある人はフランケンシュタインが怪物であることを知っている。

なにか禅問答のように聞こえますが、以前紹介したmonsterの別の意味を知ってれば理解できるはずです。後者は、科学者フランケンシュタイン博士は血も涙もない悪魔だと言ってるわけですね。怪物に頼まれた女怪物を作るの拒否してたし。

ということで、今回はこの辺でお開きです。ではまたー

www.serendipity.page

www.reddit.com