ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

ユダヤ人ジョーク

f:id:insaneway:20190323211532p:plain:w100

海外ドラマではユダヤ人キャラも結構出てきますよね。そんな彼らが発するユダヤ人特有なジョークがあるので、今回はそれらを見ていこうかなと思います。本当はこれ以外にもたくさんあるとは思いますけど、自分が今思いついたものを紹介です。

circumcision / 割礼

ユダヤ人男性と言えばcircumcisionはお約束みたいですね。だからジョークになるんですが。海外番組でcircumcisionという単語が出てくるうちの99%はこのジョーク関連と言ってもいいくらい。ちなみに知らない方のために言うと、割礼は赤ん坊のときに男性器の余分な皮を取り除くことですね。

TBBTでは、ハワードがユダヤ人キャラ。そんな彼が開発したロボットアームを使って汚らわしい(nasty)ことをしてたら、アームが自身の男性器にハマって外れなくなった場面が下記。ラジが電動ノコギリで切ろうとすると、割礼は一回で十分とハワードです(笑)

ラジ: How about we get an electric saw and cut it off?

ハワード: What? No saws! One circumcision was enough.

The Big Bang Theory/Season 4/Episode 1

f:id:insaneway:20190323211053j:plain

suffer / 苦しむ

ユダヤ人と言えばsufferの歴史と言っても過言ではないですよね。古くは出エジプト記あたりから。中世は金貸しと蔑まれ、近代はホロコースト。ということで、sufferジョークがたまに出てきます。

マーベラス・ミセス・メイゼルはメインキャラは全員ユダヤ人ですね。そんなメイゼルが避暑地で出会った医師ザッカリーと花火を楽しむシーンから。メイゼルが寒そうだからとブランケットを掛けてあげようとすると、I sufferと強がるザッカリーです。ここではJewと言ってくれていますので分かりやすいですね。

メイゼル: You cold?

ザッカリー: Nope.

メイゼル: You look cold. You can share the blanket.

ザッカリー: I'm a man. I'm a Jew. I suffer.

The Marvelous Mrs Maisel/Season 2/Episode 6

ハヌカー

最後はユダヤ教のお祭りハヌカー。ハヌカーと言えば、海外番組ではクリスマスとの対比でよく出てきます。古くはフレンズで、ユダヤ人のロスが息子にハヌカーを教えようとした場面とかが有名。しかしその場面は過去紹介してしまっているので、今回はハヌカーの綴りネタ。なんでも、ハヌカーは英語で4種類の綴り方があるのだとか。

下記Crazy Ex-Girlfriendの場面は、クリスマスに急遽熱心なユダヤ教信者の母親が訪ねてくるということで、せっかくのクリスマスの飾り付けをハヌカーにものに取り替えるレベッカ。そこで、ふと気になります。ハヌカーってどの綴りが正しいんだと・・・。ちなみに正解は、どれもOKみたいです(笑)

レベッカ: Chanukah. Hanukah. Hanuk-kah. Which one of you is right?

Crazy Ex-Girlfriend/Season 1/Episode 8

f:id:insaneway:20190323211040j:plain

最後に

海外ドラマでユダヤ人キャラが出てきたら、上記のことを念頭に置いておくと、ジョークでくすりと笑えるかもしれませんね。ちなみに、sufferネタとかは本人が言うからジョークになるのであって、外部が言うとシャレにならない場合があるので、実生活では避けたほうが良さげです。