ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Ralph NorthamのRacism

広告

今回の記事は海外ドラマも英語もあまり関係ないんだけど、いま米国内で差別関連のニュースが大きく話題になってるので紹介です。日本人的にはその辺よく分かってなく、知っておいたほうが良いと思うので。

バージニア州知事Ralph Northam(白人)の医学部卒業文集からとんでもない写真が発掘され、ソーシャルメディアでまたたく間に全米に広がったのが三日前。その写真がこちら

f:id:insaneway:20190205173851j:plain

このページ右上に問題の写真がありました。

左に黒人に扮した男と右に白装束をまとった二人の写真。

つまり、州知事は二人のうちのどちらかってことですね。だって、これはNorthamの医学部での楽しい思い出を紹介する1ページですから。

州知事がどちらの格好をしてたかは現時点で判明していませんが、 米国世論は当然辞任しろの大合唱。問題はさらに複雑で、この州知事って民主党所属なんです。通常こういう人種差別的なことするのってトランプ派の共和党の十八番なんですけど、トランプの差別主義に厳しい態度の党所属の議員がやってしまった。ということで風当たりも更に強く、同僚の議員達も全くかばってくれてない状況。ちなみに、CNNも当初思い込みをして党名を勘違いというのが下記記事w

www.fnn.jp

しかも、医学部の卒業文集なので、おバカな子供時代にやってしまった悪ふざけという言い訳が通用しないんです。だってこの時、州知事は御年25歳。

さてこの州知事、この写真が出回るやいなや、即座に会見を開き謝罪をします。「記憶にないけど、どちらかが自分。大変申し訳無い。残りの任期を全力で全うすることでこの埋め合わせをしたい」という政治家特有のもの。この辺は日本と同じですね。辞任はとにかく回避したい様子です。でも、これが世論に火に油を注ぐ結果になってしまい、辞めろの声が更に高まります。だって、あの格好をしたのを公で認めたんですからね。これにびっくりした州知事、辞めたくない一心で翌日再度会見を開きます。しかし今回は「考えてみたらあの二人はどちらも自分ではない」と前言を撤回。その代わり、「差別を一度もしたことがないとは言わない。実際、過去にマイケル・ジャクソンの格好をしてムーンウォークをしたことはある」と変な弁明をしたんです。「俺は天地神明に誓って生涯一度も差別的なことをしたこと無い」と言うと嘘くさいですからね。ちょっと譲歩したんです。マイケル・ジャクソンのムーンウォークなら差別臭はしませんから。少なくない数の人がやったでしょうし。しかしこの州知事、会見中にとんでもない大失態をしでかします。なんと、マイケル・ジャクソンの名前が出てこなかったのです(笑) そして、誰だっけ?と隣に立つ妻に聞く始末。そう、この瞬間。作り話なのがバレバレになったんですね。だって、格好を真似するくらい好きなのに名前が出てこないっておかしいじゃん、というわけ。詳しくはCNNのDon Lemonのクリップにまとまっています。

youtu.be

記者にムーンウォークは今でもできるのか?と突っ込まれてるところなんて、下手なコメディより面白い(笑)

でもここでちょっと考えてしまうんです。そもそも、あの写真ってこんな大騒動になるほど差別的?って。日本人的には、これがなんで大問題なのかがいまいち分からないのです。単にコスプレしてるだけじゃんと思ってしまう。あんな格好の人コスプレイベントとかで居そうじゃない?

そこで、ちょっと調べてみました。と言っても、Wikipediaなんですけど。

まず、左の黒人の格好。これは黒人風刺で使われて、それが黒人差別につながって行った歴史があるのですね。だから、NG

Blackface is a form of theatrical make-up used predominantly by non-black performers to represent a caricature of a black person. The practice gained popularity during the 19th century and contributed to the spread of racial stereotypes

en.wikipedia.org

そして、右の白装束。こちらはKKKことクー・クラックス・クランの正装(?)。白人至上主義者ってこと。当然、NG

en.wikipedia.org

つまり、どちらの格好も

私は人種差別主義者

と言ってるようなもんなんですね。しかも州知事。だから米国内で大問題になっているのでございました。

こういった知識がないと、ちょっと調子に乗って靴墨顔に塗ってBlackfaceにしてしまう日本人って居そうな気がする。それは絶対に止めましょう。無知な日本人と哀れみの目で見られるだけで済むならまだマシで、下手すると袋叩きにあっても文句は言えませんからね。

そう考えると、昔シャネルズがBlackfaceしてたのはかなりやばかったんでしょうか。米国外のことで全く関心がなかったのか、哀れな日本人と見られてたのかはわかりませんけど。

ちなみに、最後に申し訳程度に海外ドラマネタ。

ネトフリドラマのGLOWの中でKKKのコスチュームに扮したレスラーが出てきましたよね。 このシーン(Season 1/Episode 7)を改めて見ると、レフリー黒人だし、観客席大ブーイングだし、サムは「What the fuck?」言ってるし、相当アカンやつだったのですね(笑)

f:id:insaneway:20190205200717j:plain