ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Slippery Slope

広告

f:id:insaneway:20190525153556p:plain:w120

slipperyはちょっと馴染みがないかもしれないけど、滑りやすいと言う意味の形容詞。冬道路が凍ってツルツルとか、アイススケートリンクとかがそう。これは、動詞slip(滑る)を考えたらガッテンできる感じかな。

お次のslopeは、スロープというようにもう既に日本語になってますよね。坂・斜面の意味。

だから、まとめると、slippery slopeは滑りやすい斜面。スキーのゲレンデとか、真冬の富士山(笑)とかそんな感じです。

ただ、この表現って海外ドラマでは比喩的に使われることがほとんどなんですよね。その意味は・・・

slippery slopeに立っているところを想像してみて下さい。一度バランスを崩したら最後、奈落の底まで滑って行っちゃいますよね。途中で止まることなんて不可能。なんたって、ツルッツルですから。そんな歯止めが効かない行為に対して、このslippery slopeは使われるんです。悪い方悪い方へと向かってしまう感じ。日本語訳は何でしょうね? 一度手を出したが最後、悪化の一途を辿る的なニュアンスを一言で言えればいいんですが・・・

それでは、海外ドラマではどんなことがslippery slopeとされているのか、具体例を見てこのニュアンスを確認してみたいと思います。

ビッグバン★セオリーから

シェルドンが大学の駐車場スペースを巡ってハワードと争う回から。レナードは駐車場なんて let it go(放って置け)と諭しますが、シェルドンはlet it goはslippery slopeと考えます。というのも、一度甘受すると、駐車場をlet it goするだけに留まらず、ありとあらゆるものまでlet it goしなくちゃいけなくなると信じているんですね。こんな感じで、slippery slopeは一度転がり出したら止まらないことに使われます。

レナード: Sheldon, let it go. It's not a big deal.

シェルドン: No. No, this is a slippery slope, Leonard. See, it starts with a parking space. Where does it end?

The Big Bang Theory/Season 6/Episode 9

アーチャーから

アーチャーからは、コカインをslippery slopeとしていますね。中毒になったら引き返せませんから、これはメッチャ納得です。

アーチャー: Pam, any cocaine is a slippery slope!

Archer/Season 5/Episode 5

Sex and the Cityから

キャリーはshrink(精神科医)に掛かることを勧められます。しかし、彼女に言わせればそれはslippery slopeなんだそうです。週に一度が二度三度になり、気付いたときには「私の精神科医が・・・」と会話を始めるようになるんだとか(笑) これは面白い例えですね。ちなみに、ここのnext thing you know気づけば〜してるを表現できる英会話で必須の表現です。考えてみれば、slippery slopeと相性は良さそうですね。だって、slippery slopeは気づけば奈落の底ですから。

キャリー: It's a slippery slope. First you go once a week, then three times a week and next thing you know you start sentences, "My shrink says...."

Sex and the City/Season 2/Episode 13

最後に

今回紹介したslippery slopeの後戻りできない感じ、分かっていただけたでしょうか?(笑) さっきからずっと日本語訳を考えているんですけど、なかなかうまいのが思いつかないです。まあ、この日本語で考えようとしてしまうのが、英語学習でのslippery slopeなんですけどね(笑) いつまで経っても英語のまま処理できないという。そして、全部の英文に日本語訳を付けないと気がすまなくなってしまう。

ちなみに、ポテチなんかもslippery slopeと言って差し支えないと思うんですけど、いかがでしょうか? ファミリーパックとか買ってしまうと、袋を開けたが最後、The next thing I know、全部食べてしまうのです。そして、パッケージ裏のカロリーを見て後悔するという(笑) 気をつけたいものですね。