ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

What's Your Angle? / 真意は何?

広告

f:id:insaneway:20190714195052p:plain:w120

はじめに

英単語のangleが角(度)の意味なのはおなじみですね。だから、triangleは三角形だし、rectangleは四角形という具合です。

でも、数学の問題解いてるならいざしらず、日常会話ではあまり角度って使いませんよね。富士山山頂が作る扇形の角度は65度とか議論しないですからね(笑)

そんなangleですが、英語では日常会話で結構出てくるんです。もちろん角度の意味ではありませんよ。表題の「真意・裏の動機」としてなんです。だから、「What's your angle?」と聞かれたら、あなたの体が作る何らかの角度を尋ねられているのではありません。あなたの行動の裏に隠された真の動機を聞かれているんです。

例えば、世界一の大金持ちが全資産をチャリティに寄付すると発表したとしましょう。その時みんな思うはずです、「裏には何の狙いがあるんだろう?」と。これがまさにangleなんですね。もしかしたら、節税かもしれませんし、余命一ヶ月で使い切れないから寄付するのかもしれません。それともangleなんてものは何もなく、本当にgenerous(寛大な)だけかもしれません。

この意味でのangleの使い方を海外ドラマで学んでみたいと思います。

ツイン・ピークスから・・・

昔の悪友アーニーがジェリーの前に新婦のヴィヴィアンと現れます。何か魂胆があると踏むジェリーですが、アーニーはno angleと言うだけ。しかし、ヴィヴィアンは金が有り余ってる(roll in dough)ことから、ジェリーは信じられません。ここのNo angleは角度が無い=ゼロ度と言ってるのではありません。裏の狙いが無いというわけです。

ジェリー: So, uh, what's your angle here with Miss Moneybags?

アーニー: No angle.

ジェリー: Come on, buddy, we don't have any secrets. Vivian's rolling in dough.

アーニー: I met Vivian at a Republican fundraiser. We're married.

Twin Peaks/Season 2/Episode 8

f:id:insaneway:20190714203949j:plain
Twin Peaks [Credit: ABC]

ベター・ソウル・コール

ジミーの弁護士事務所にチンピラのナチョが不意に姿を表します。親分のトゥコを嵌めようとしたことから、ジミーに何か裏の意図があると考えているようです。ジミーはしかし、それをno angleで否定します。当たり屋詐欺をしようとしたら、カモろうとしたのがギャング親分の祖母だっただけなんです(笑)

ナチョ: What's your angle?

ジミー: No... no angle.

Better Call Saul/Season 1/Episode 2

f:id:insaneway:20190714205917j:plain
Better Call Saul [Credit: AMC]

ラプンツェル・ザ・シリーズ

最後は、剣士カサンドラ。アンドリューと付き合い始めるカサンドラ。ところが、アンドリューの真の狙いはお城のお宝なのでした。お城に招かれた際に正体を表すアンドリュー。しかしカサンドラは、それをもお見通しで付き合っていたのでした。「お前の真意が何なのか」をwhat your angle wasで表現。その上で、from my angleで「私の観点からは最初からお前はshut downだった」と決め台詞です。最初からチェックメイトとかそんなニュアンスですね。

カサンドラ: I was only playing you long enough to see what your angle was, and from my angle, it looks like you've been shut down, Andrew.

Tangled The Series/Season 1/Episode 9

最後に

今回紹介のangleには真意・裏の動機の意味がありました。ですので、What's your angle? は 相手の真意が何か聞いていることになります。つまり質問者は、表の動機以外に他に何か真意があると感じているんですね。裏の意図が何もないときはNo angleがおなじみの返答でした。

このangleの使い方は日本語にはないので英語特有ですね。こういった表現は海外ドラマで学ぶのがおすすめです! ちなみに、このブログでは海外ドラマ視聴を執拗に勧めていますが、No angleですのであしからず(笑)