ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Armchair / 机上の、実経験を伴わない

広告

f:id:insaneway:20190520202136p:plain:w150

armchairといえば肘掛け椅子。皆さんの会社の中にも、役職が上がるにつれ椅子がグレードアップしていくところがあるかもしれませんね(笑) 課長・部長補佐クラスになると肘掛け椅子に座れるという・・・。

そんな肘掛け椅子を意味する英単語armchairに「机上の、実経験を伴わない」という意味があるのはちょっと驚きません? でも、これよく考えてみればかなり納得行く(add up)んですよ。だって、普段肘掛け椅子に座ってる部長が、外部セミナー等で仕入れてきた浅い知識で「○○君、このソリューションなんだがね、社員の生産性が向上するって話で、うちで適用できると思うから検討してみて」と余計な仕事をあなたに振ったと考えてみて下さい。こんな経験、社会人やってれば誰でも一度や二度はあるでしょ(笑) 現場をよく知ってる皆さんは、即座にそのソリューションを自社に適用できないことは見抜けるんです。でも部長に命令された手前、無碍に否定することもできず、自社では適用できないことを説明する資料を残業して作る羽目になるという・・・。ほら、armchairに「実経験を伴わない」という意味があっても全然おかしくないでしょ?(笑)

まあ、実際のイメージは、書斎の肘掛け椅子から離れることもせずに、そこで読んでかじった頭でっかちな知識を振りかざす、といった感じでしょうけどね。

それでは、この意味でのarmchairの使われ方を海外ドラマのシーンで見てみたいと思います。

サイク/名探偵はサイキック?から

次のサイクのシーンでは、座学の心理学をやって欲しいか聞いていますね。多分、本で読んだだけで実際試したことはないんでしょうね。ここなんか、armchairのニュアンスを知らないと「???」と頭の中がなりそうですが、皆さんならもう既に理解できるはず。ここで面白いのは、自分の技能にarmchairを付けているので、謙遜しているようにも響くんですよ(少なくとも私には)。本当に座学の意味か謙遜かは、その技能の腕依存ですけど。

You want me to do a little armchair psychology on you?

Psych/Season 4/Episode 5

ハウス・オブ・カード 野望の階段から

ハウス・オブ・カードの一番最初のエピソードから。下院議員のフランクは「イデオロギーは現場を知らない軍司令官に委ねておけばいいさ」と独りごちます。「自分にとって良いことはないから」。ここなんかがそうですが、armchairを他人に使うと結構批判的に働くんです。そりゃそうですよね、机上の空論と言ってるようなもんですから。

フランク: Leave ideology to the arm-chair generals. It does me no good.

House of Cards/Season 1/Episode 1

最後に

今回紹介したarmchairは「机上の、実経験を伴わない」を意味する形容詞としてたまに使われます。多分、armchair critic(口だけ批評家)というフレーズを聞いたことがある人も多いと思いますが、それに込められた批判的なニュアンスは、実はarmchairから出てたんですね。

ところで、私もこんな英語ブログ書いてはいますが、実は純粋な理系。海外ドラマを人より相当見たと言うだけで、正当な英語教育を受けていないという点ではarmchairなんです。

でも、海外ドラマだけに

肘掛け椅子じゃなくソファー

と言いたいところですけど(笑)