ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

相手の鼻の頭を突っつくBoop!

広告

海外ドラマを見てると、日本人的に変に思えるいろいろな身振り素振りなんかも知ることができるんですけど、今回紹介するのはそんな中の一つBoop。「ブープ」とちょっとかわいい感じで呟きながら相手の鼻の頭を突っつく行為。

もうなんだかよく分かりませんね。鼻の頭なんて油で汚そうにも感じますけど、なぜかBoop。

コメディ『グッド・プレイス』のタハニがこのBooperだったりします。

f:id:insaneway:20200412200719g:plain
The Good Place [Credit: NBC]

タハニ: I love it. It's just so sweet and teensy. Just like you. Boop.

エレノア: You booped me. Ha-ha.

The Good Place/Season 1/Episode 1

ちなみに鼻のてっぺんだけでなく、何かを突っつく時にもBoopだったりします。

次のアーチャーではおっぱい突っつくときにBoopですし・・・(笑)

f:id:insaneway:20200412202826j:plain
Archer [Credit: FX]

そこで、このBoopの意味をUrban Dictionaryで調べてみたところ、

Boop

Affectionately poking someone on the nose, often accompanied by saying "Boop!"

愛情を込めて誰かの鼻を突っつく、しばしば”ブープ”と言いながら

Urban Dictionary: boop

ということで、なんと愛情が込もっているのでした。ただ、海外ドラマだとこのBoopをする人(Booper)はちょっと変・不思議ちゃん入ってる女性なのが一般的ですけどね。というか、そういう記号として登場します。

次回、映画・海外ドラマでこのBoopを見たときは「あー、これねー」と通ぶれるかもしれませんね。それでは〜