ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

偶然を表す表現(海外ドラマの歌から)

広告

f:id:insaneway:20200228215600j:plain
Crazy Ex-Girlfriend [Credit: The CW]

海外ドラマのクレイジー・エックス・ガールフレンドでは、主人公レベッカが地方都市のウェストコビーナに引っ越すと、なんと元カレのジョシュが偶然その地に住んでいることに驚き、そのことを歌い始めるシーンがあります(ミュージカルなので)

その歌詞がちょっと面白いので見てみましょう。というのも、その偶然性をこれでもかと強調してるからです(笑)

And also by coincidence

so random

just by chance

It's so great that this guy Josh just happens to be here!

West Covina - "Crazy Ex-Girlfriend"

皆さんは、この歌詞のどこの部分が偶然を表しているか分かるでしょうか?

まず、by coincidence。意味は「偶然にも」ですね。

次は、so randomrandomは以前記事にしたように「普通でない」ことを表します。つまり、引越し先にジョシュがいるなんて普通じゃないんです!

そして、just by chance。by chance = by coincidenceですね。

最後に、Josh just happens to be here。happen toは偶然〜するの意味なので、「偶然ジョシュがウェストコビーナに居る」。だから実は、この歌詞全部が「偶然性」をこれでもかと強調してるんです(笑)

でも、ここまで執拗に強調されると偶然性に疑問符が付くのは英語でもその通り。実際の筋書きはクレイジー・エックス・ガールフレンド本編を見ていただくとして、こういった歌詞まで練られて作られているのは面白いですよね。そして、歌を聞いてると自動的に英語が学べるので一石二鳥です(笑)

ちなみに、happenとtake placeの違いは以下の記事をどうぞ。神の手によるものか、人の手によるものかの違いなんだそうです。それでは〜

www.serendipity.page