ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Eventfulはネガティブさを含意するか?

広告

www.waywordradio.org

英語についてのポッドキャストA Way with Wordsに面白い質問が寄せられていました。それが「eventful」。eventがfullなんだから、意味は「出来事が多い」というのが直訳。辞書を引くと、「多事の、波乱に富んだ」という意味も載ってました。

ポッドキャストの質問者は、病院でこの単語を小耳に挟んだんだそうです。次のような文脈で:

あら、まあ、手術するんですか? 手術がeventfulでないことを祈っておりますわ。

つまり、eventfulであったら困ると暗に言っているわけです。そこで、この人はeventfulにはネガティブな意味があると勘違いします。そして、次にeventfulを使用する機会が巡ってきたとき使用してみます。それは、身体検査を受ける女性に向かってでした:

質問者: eventfulでないといいわね

そこで意外にも、怪訝な顔をされてしまうんですね。それで今回の質問となったわけです。

Host二人の回答は、端的に言えば文脈によるというもの。手術がeventfulだったら、輸血用の血が足りなかったり、執刀医が当日病院に来れず、偶然居合わせたインターンが施術したり、手術中に停電が発生し、自家発電の2時間以内で手術を終える必要が出てきたり、するわけで、手術は予定通りに執り行われるuneventfulであることが求められるわけですね。その一方、新婚旅行はeventfulのほうがいい場合もあるわけです。海外新婚旅行で事前にお願いしていたskywriteが日本語だったため、「あいしてる」と書かれるはずが現地人のパイロットが勘違いして「あいてしる」になったとしても、後々の笑い話になるかもしれないし、熱気球体験をしてたら突然大雨に降られ、森のど真ん中に不時着したのもいい思い出になるかもしれません。

ということで、eventfulはポジティブもネガティブもあるんですね。そういう意味では、辞書の「波乱に富んだ」という訳はめちゃくちゃうまいと思うんですけどね。だって、身体検査に行く人に「波乱に富まなければいいですね」って言うとすると、やっぱちょっとおかしいですからね(笑)

それにしても、この質問者の女性は英語ネイティブでないのにも関わらず英語がめちゃ上手で驚きです。ところどころ聞きにくいですが、まあ推測でカバーできるレベル。新しく知った単語をすぐ使用するところなんて、是非見習いたい態度ですよね。日本人はこの単語の使い方はこれであっているのか?というところから出発してしまい、実際使用するところまで行かないパターンが多い気がしますので。これは自戒も込めて。