ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Fair Game / (攻撃の)格好の的

広告

f:id:insaneway:20191120194713j:plain
Image by klimkin from Pixabay

この前辞書を引いていたら目に止まった項目Fair Game。fairは公正な、gameはそのまんまゲームの意ですよね。だから、fair gameは公正なゲーム。ラフプレーも反則もない正々堂々勝負ってこと。でも、なんでこんな項目が辞書にあるんだろう?と意味を見てみたら

(攻撃の)格好の的

と言う全く別の意味があってびっくりしました。

調べてみると、海外ドラマでも普通に使われています。次のギルモア・ガールズでは、immobile(体を動かせない)の物は格好の的と言ってます。

Sorry, Zack, anything immobile is fair game.

Gilmore Girls/Season 4/Episode 11

でも、どうしてこんな意味が出てきたのかすごい不思議ですよね。だって、格好の的は集中砲火されるんですよ。ちょっとどころか、かなりfairからは遠い気が・・・(笑)

そこで調べてみたら、この場合のgameは、トランプ、遊戯、競技のゲームではなくて、ハンティング(狩猟)時の獲物の意味の方。ハンティング参加者が狩りを競う獲物。どうも、その獲物(ターゲット)がルールに則りfairに決まってるってことのようです。負けそうだからって別の獲物を後から持ってきてもノーカンなんです。

つまり、fair gameになってしまったうさぎ🐰等の小動物は、参加者のハンター達から集中砲火を受けることになる

(攻撃の)格好の的

というわけでした。なにこれ、ひどすぎ(笑)

ところで、gameに獲物の意味があるのは海外ドラマではよく出てくるので、覚えておいて損はないかもしれませんね。例えば、犯人を追う刑事がその状況をハンティングに見立て、犯人のことをgameと言うといった具合です。

あまりの衝撃的な語源に、思わず記事にしてしまいました。

ま、現実世界ではfair gameにはならないでおきたいものですね。それでは〜