ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Fantasyが持つ意外な意味

広告

f:id:insaneway:20190525215226p:plain:w120

Fantasyは日本語で言えばファンタジーです。ヤング・アダルト向け小説や、Finalと言いつつなかなかFinalにならないRPGなんかでもお馴染みの単語ですね。でも驚くことに、英語のFantasyは日本語のものより意味合いがかなり広いんです。

例えば、ドラゴンや魔法は当然Fantasyです。これはOK。じゃあ、

女の子がいつか白馬に乗った王子様が迎えに来ると思っている

のはどうでしょう? これも英語ではFantasy。ここまではギリギリ許せる感じ。でも次はどうでしょう?

トランプ米大統領がメキシコとの国境に壁を作ろうとしてる

これも実はFantasyなんです(笑) 日本語のファンタジーのイメージからすると、えー!?って感じだと思います。だって現実世界の泥臭い壁建設の話ですよ。どこにも攫われたお姫様が出てこない。どうしてこれがFantasyになりえるのか・・・。でも実際、大統領はそうやって反対派から批判されているんです↓

www.cnbc.com

Donald Trump’s ‘great wall’ is a fantasy that even he knows will never be real

つまり、英語のFantasyには「幻想」とかの他に「夢物語、現実的でないアイデア」という意味があるんですね。この後者が日本語のファンタジーにはないニュアンス。使われ方は、通常誰かの意見や考えを批判するときが多い感じです。実際、上記トランプのニュースでも、トランプの案を現実的でないと否定するのに使われています。

そして、海外ドラマでもこのFantasyの使われ方は頻繁に出てきます。

次のHomelandからはCIAキャリーと二重スパイのブロディの会話。ブロディがイランに直接侵入し内部から工作活動を行うと言うのに猛烈に反対するキャリー。その理由は恋心だけではありません。生きては戻れない片道切符と知っているからです。それでもブロディは「君が助けてくれるさ」としますが、キャリーはそんなのはfantasyと現実では起こらないことを示唆します。

キャリー: You have no sanction, no support on the ground, and no extraction plan. You will die over there!

ブロディ: No, you're wrong, Carrie. And you want to know why? 'Cause you're gonna get me home.

キャリー: No, don't say that! Do not put that on me. It's a fantasy.

Homeland/Season 3/Episode 10


次のスーツの場面では、どんなfantasy landに住んでたんだ?と「相手の考えが現実的でない、頭の中がお花畑」というニュアンスで使われています。これなんか相当手厳しい響きですよね。

What kind of fantasy land were you living in?

Suits/Season 3/Episode 10


ということで、英語のFantasyには日本語のファンタジーより幅広い意味があることが分かっていただけたかと思います。相手のアイデアが現実的でないと非難する際に使われるんですね。ちなみに似た表現に泡のbubbleというのもありますが、こちらはまた別の機会に取り上げたいと思います。

それにしても、日本語語彙にFantasyが入ってきた時に等身大のまま輸入されていれば、こういった微妙な違いで苦労することはないんですけどね。まあ、個人的には、その違いが面白かったりしてこのBlogやっているのですけど。