ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

なぜ都合よく斧があるのかな?

広告

f:id:insaneway:20200212231414p:plain

映画・海外ドラマのお約束で、主人公が都合よく斧を見つけて窮地を脱出するというものがありますよね。チラッと部屋の隅を見ると、斧が壁に設置されていて、ガラスを打ち破って斧を取り出すというのが定番中の定番。

f:id:insaneway:20200212224128j:plain

他にも、悪役が主人公を銃殺しようとした時に斧の存在に気づいて、「クックックッ。簡単に殺しては楽しくないな。もうちょっと楽しませてもらおう」とか言って、斧で主人公をいたぶろうとして返り討ちにあうのもたまにあるかもしれませんね。

でもさ、これって日本人からするとすごい不思議なんですよね。

だって、⛏️ですよ、斧(笑)

普通に危ないじゃん! なんでそこにあるねん! しかも、なぜご丁寧に壁に設置されてるんだって。

そこでその疑問を解消すべく調べたら、この斧って実はFirefighter's axe, fire axe(消化斧)と呼ばれているもので、緊急時部屋に入るのに使われる普通にあるものだということが分かりました。

en.wikipedia.org

Firefighter's axe, fire axe, or pick head axe

It is often decorated in vivid colours to make it easily visible during an emergency. Its primary use is for breaking down doors and windows.

しばしば鮮やかな色で色付けされる、緊急時に容易に識別できるよう。基本的な目的はドアや窓を打ち破ること。

とちゃんとWikipediaに書いてありますね(笑)

pixabayでfirefighter axeで検索すればそれっぽい画像がヒットするので、間違いなさそう。

f:id:insaneway:20200212225750p:plain

なるほど、ドアは簡単に蹴破れる気がしてましたが、それって映画の中だけのお話なんですね。現実的には、こういった消化斧で穴開ける必要があるってこと。そして、窓から入る場合も蹴破るほうが怪我する可能性が高いわけです。そんな時、この斧が大活躍するのですかね。

だから、学校や集合住宅なんかの廊下に設置してあるんですね。

毎年何十人もの命をこの消化斧が救ってくれているのだと考えると、次回から「なんでそこにあるねん!」というツッコミは控えようと思った次第です。

でもやっぱり、映画の中だともっぱら人を襲う凶器としてしか使われない気もしますが・・・(笑)

それでは〜