ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

動詞Getが持つ3つの意外な意味

広告

f:id:insaneway:20200213025733j:plain

今回は動詞getについてです。「得る、着く」という意味は学校で最初の方に習ったんじゃないでしょうか。でも、getは基本動詞なためか幅広い意味を持っているんですよね。実際、辞書によっては20〜30個も載ってたり(笑)

今回はそんな中から、海外ドラマや映画でたまに出てくる動詞getの「面白い」意味を3つ紹介します。教科書とか試験には出てこないけど、こういうのが学べるのが海外ドラマ視聴の良さですね。

やっつける

まず最初は「やっつける、殺す」のget。相手を倒すことですね。海外ドラマでは、悪役のボスが部下に「Get him!」と命令するのがよくあるパターン。まあ、相手のことをgetするのですから、やっつけることになるのはなんとなく分かる感じ。

以下のゲーム・オブ・スローンズのシーンは、二人の騎士が王の前で対戦中。聴衆は次第に興奮してきて、Get him!です。

聴衆: Get him!

Game of Thrones/Season 2/Episode 3

f:id:insaneway:20200213023739j:plain
Game of Thrones [Credit: HBO]

悩ませる

次は「悩ませる」のget。これが使われる時は通常、直前に文脈と関係ない意味不明なことが述べられます。

例えば次のビッグバン★セオリーでは、仕事帰りのペニーにシェルドンが「何でも起こる木曜日」の話をし始めますが、ペニーは全く意味がわからないのでyou got meです。

ペニー: Oh Hey Guys, Where are you heading?

シェルドン: To the comic bookstore. You are probably thinking the comic bookstore on a Thursday Why falling down the rabbit hole and into a land of magnet. If you've failed to take into account Penny this is anything-can-happen-Thursday

ペニー: You got me.

f:id:insaneway:20200213202101j:plain
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

他にも、SUITS/スーツでハーヴィーとライバルが口論してる場面では、次第に感情的になってお互い相手をこき下ろします。しかし、ハーヴィーが「お前が月刊ハーヴィーを購読してるの知ってるぞ」と言うと、ライバルはyou got me。うーん、たしかに、こき下ろしているのかなんなのかイマイチ意味不明なセリフですね(笑) 

ハーヴィー: You have a subscription to Harvey Specter monthly, and I know it.

ライバル弁護士: Okay. You got me.

Suits/Season 3/Episode 10

f:id:insaneway:20200213023642j:plain
Suits [Credit: USA Network]

かつぐ

最後は「かつぐ、騙す」のget。まんまと騙された後にネタバレ的に使われることが多いです。

次はブルックリン・ナイン-ナイン。捜査官ジェイクがギャング組織に覆面捜査で侵入。数ヶ月経ってようやくギャングから信頼を得てきた時、一人のギャングに「お前が警察のスパイだと聞いたぞ」と真顔で尋問を受けます。血の気がサッとひくジェイクですが、ギャングはそれを見て大笑い。そう、ジョークだったんですね。それを見たジェイクはYou got meです。

ジェイク: You got me. You got me.

ギャング: Yes, you. I got.

Brooklyn Nine-Nine/Season 2/Episode 1

f:id:insaneway:20200213023620j:plain
Brooklyn Nine-Nine [Credit: Fox]

最後に

今回はgetの持つ興味深い3つの意味を見てみました。全て目的語が人でしたね。知らない意味が一つでもあったのなら幸いです。

ちなみに、個人的に言うと、こういったボキャブラリーは辞書を読んでもなかなか身につかないんですよね。「あっそ、ふーん」で頭から流れ出てしまう。でも、海外ドラマで実際その場面を視聴するとすんなり理解できるから不思議なんですよね。

皆さんも正確な意味は知らずとも、なんとなくであれば上記例のgetの意味を類推できるのではないでしょうか? 例えば、最後のブルックリン・ナイン-ナインのジェイクは自分が潜入スパイとギャングに真実を指摘され、顔が引きつって凍りつくんです。でも、相手に大笑いされて、状況が次第に飲み込めてくるんですね。そして、you got meと安堵のため息を隠しながら相手を指差し一緒に笑う。「騙したなー」なのは一目瞭然じゃないかな。こういうのが自然と学べるから、英語で海外ドラマ視聴はいいんですけど、その話はまた別の機会にしましょう。それでは、また〜