ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Get One's Shit Together の意味

広告

f:id:insaneway:20200409012239j:plain

最近色々なところで見かけるイディオムget one's shit togetherの意味を調べてみました。文字通りの意味は、get(〜にする)、one's shit(人のクソ)、together(一緒に)なので、うんちを一緒にする、となって全く意味分かりません(笑) イディオムあるあるですね。

そこで、困った時のWikitionaryによると

get one's shit together

(vulgar, slang) to organize oneself so as to be able to deal with or achieve something; mature

(通俗、スラング)きちんと行動する、何かに対処したり達成したりすることができるように;大人になる

get one's shit together - Wiktionary

とありました。大人になるってのは面白い訳ですね。

そこで今度は、海外ドラマで使われているシーンを抜き出して、この意味であっているか調べてみました。

まずが女子プロのGLOW。チェリーがプロレスのレベルの低さに呆れて出ていくところをサムが止めるシーン。チェリーは、二人大人になってなんとかしろと言って出ていきます。低レベルという問題に真面目に取り組めというわけですね。

チェリー: You and Barbie, get your shit together. And I'll come back when you're ready to work.

GLOW/Season 1/Episode 6

f:id:insaneway:20200409012650j:plain
GLOW [Credit: Netflix]

他には、アニメのリック・アンド・モーティにも。姉のサマーから拒否られたモーティは「大人になれ」と言ってから、イディオムget your shit togetherをビジュアル化するんです。これなんか、まさに私がそのまま訳したのとおんなじですね(笑)

モーティ: you don't want me and Rick to be happy?

サマー: No.

モーティ: Then get your shit together! Get it all together and put it in a backpack. All your shit, so it's together. And if you gotta take it somewhere, take it somewhere, you know? Take it to the shit store and sell it o-or put it in a shit museum. I don't care what you do! You just gotta get it together.

Rick and Morty/Season 2/Episode 7

f:id:insaneway:20200409012722j:plain
Rick and Morty [Credit: Adult Swim]

最後は、Homelandから。ここは動詞がkeepになってますが、意味はほぼ同じ。家に籠もって自暴自棄で飲んだくれてる諜報部員ピーター・クインの元にCIAの長官ダールが訪ねてきて、keep your shit together。つまり、これから先、「大人で居続けられるか、自堕落な生活に戻らないか」と聞いているんですね。

ピーター: All right, so what now?

ダール: Simple. Convince me that you can keep your shit together from now on.

Homeland/Season 4/Episode 3

f:id:insaneway:20200409012737j:plain
Homeland [Credit: Showtime]

最後に

今回は最近ネットでよく見かけるget one's shit togetherを見てみました。意味は「大人になる」。つまり、問題・困難などに直面してる時に、ただ嘆いたり傍観してるのではなく、大人になって対処しろということ。

なるほど、だからコロナウィルスのコメントでよく使われるのかと納得した次第です。みんな緊張感ピリピリでshitとかの言葉遣いに構ってられない感じもありますし。

日本でもすぐGet our shit togetherが求められるのかもしれませんね。それでは〜