ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Good Riddance / (邪魔者がいなくなって)清々した

広告

f:id:insaneway:20200310231619j:plain

今回紹介するフレーズgood riddanceは厄介な人・物がいなくなって「清々した」ときに間投詞として使われます。発音は、カタカナだと、グッドリダンスって感じ。辞書で調べると、riddance自体に「不要物の除去」と言う意味があるので、それに「良かった」というgoodを付けたんですね。と言っても、riddance単独で使われる例は見つけられませんでした。全部、今回のgood riddanceです。

使い所は非常に簡単。あなたにとって邪魔者・ムカつくやつが居なくなったらgood riddanceです。そんな場面、日常にはたくさんありますよね。例えばムカつく上司が異動とか(笑)

それではいつものように、海外ドラマの中ではどんな人物が居なくなってgood riddanceなのか見てみましょう。

メンタリストから

捜査官達が雑談している場面。警察官殺しの罪状で留置所に留置していた殺人犯が何者かによって放火され(torch)焼死します。ヴァンペルトの言ってるour houseとは警察署のことで、彼女はそれは正しくないと考えます。でも、チョウ捜査官にとっては、Good riddance。自分の同僚を殺した殺人犯がこの世から居なくなって清々なんです(笑)

リグズビー: Someone torched a cop killer.

ヴァンペルト: It happened in our house. It's not right.

チョウ: He was a cop killer. Good riddance.

The Mentalist/Season 3/Episode 10

f:id:insaneway:20200310232615j:plain
The Mentalist [Credit: CBS]

ウォーキング・デッドから

リックは捕まえた捕虜の始末に手を焼き、結局どこか遠くに放置することにします。それをダリルがThis little pain in the ass(目の上のたんこぶ、ここでは捕虜のこと)は遠い過去になると言ってから、 Good riddance.。もちろん、厄介者が居なくなって清々するからですね。まあ、予定通りにはいかないのですが・・・

ダリル: This little pain in the ass will be a distant memory. Good riddance.

The Walking Dead/Season 2/Episode 12

f:id:insaneway:20200310233542j:plain
The Walking Dead [Credit: AMC]

ツイン・ピークスから

住宅の前で張り込みをしてると、家の中から黒尽くめの男たちがゾロゾロ出てきて、車に乗ってどこかに向かいます。張り込みしてる人物的には、もちろんGood riddanceですね。だって、ずっと住宅を見張っている必要がなくなるから。

Good riddance.

Twin Peaks/Season 3/Episode 16

f:id:insaneway:20200310234007j:plain
Twin Peaks [Credit: ABC]

最後に

今回は邪魔者が居なくなって清々するgood riddanceを見てみました。ほぼ、目の上のたんこぶや憎んでいるやつが居なくなったときに使われています。

でもまあ、本人の耳に「あなたがgood riddanceと言っていた」という事実が入るといけませんので、現実世界では独り言に留めておくのがいいのかもしれませんね(笑)

それでは〜