ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

殺し屋のアウトソーシング

広告

先日ニュースのタイトルを見て笑ってしまいました。だって

Hitman outsources job to another hitman, who hires a hitman, who hires a hitman, who hires a hitman.

www.nydailynews.com

ですからね(笑) なんじゃこりゃw

思わず図解してしまいましたよ。

f:id:insaneway:20191029223001p:plain

  1. まず、1番左が仕事を左から2番目へアウトソースします(Hitman outsources job to another hitman)
  2. 2番目が3番目を雇います(who hires a hitman)
  3. 3番目が4番目を雇います(who hires a hitman)
  4. 4番目が5番目を雇います(who hires a hitman)

これを関係代名詞で繋げているんですね。

ちなみに、この関係代名詞で繋げていくパターンはよく出てきますね。

次のプリズン・ブレイクでは、マイケルが前のポイントを受けてwhich meansでどんどん話を展開していきます。

マイケル: I know which pipes we need to take beneath Psych Ward now. Which means our way to the Infirmary is clear. With our new route, we're gonna come up on the far end of that building. Which means we gotta walk down 30 feet of hallway to get to the doctor's office, our exit point. Which means there's only one piece left to this whole thing.

Prison Break/Season 1/Episode 19

まあ、今回は殺し屋さんのアウトソースだったのでニュースになりましたが、日本でも第○次下請けとか普通にある業界だと、笑えない話かもしれませんね。

いずれにせよ、今回の記事タイトルの最後が「who kills a target」でなくてよかったです。それでは〜