ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

「I do.」から何を連想するか?

広告

I do.

I do.」は、英語を勉強してるとYes/Noクエスチョンを習ったときに出てきますよね。

-Do you...?

-Yes, I do.

これは相手が使った動詞を繰り返さないで、ただdoで代理しているだけです。

しかし意外なことに、「I do.」には特別な意味が実はあるんですけど、皆さんお分かりになるでしょうか?

分からない人のためのヒントを:

この「I do.」を言うのは通常生涯一度であったのですが、ここ最近の社会環境・道徳の激変で、一度も言わない人や複数回言う人も近年では出てきています。

まだ分からない? それじゃ、Urban Dictionaryからも引用します:

I do

The biggest mistake a person can ever make in their lifetime.

Urban Dictionary: Ido

人生最大の過ちだとか(笑) Urban Dictionaryらしい捻くれた見方です。

さて、ここまでくれば薄々人生のどんな行事に関連してるか予想が付くのではないでしょうか? そう、結婚なんです。そして、結婚式で「I do.」を言う瞬間は唯一つ。神父に「<相手>を妻(夫)とすることを誓いますか?」と訊かれ、それを誓うときなんですね。

実際、フレンズのフィービーとマイクの結婚式から実例を拾ってみましょう。神父が来れずジョーイが神父役をしているだけですが、フィービー、マイク共に「I do.」ですね。

ジョーイ: Phoebe, do you take this man to be your husband?

フィービー: I do.

ジョーイ: Mike, do you take this woman to be your wife?

マイク: I do.

ジョーイ: I now pronounce you husband and wife.

Friends/Season 10/Episode 12

f:id:insaneway:20190602225949j:plain
Friends [Credit: NBC]

もう一つの例を見てみます。お次はかなり古いFull Houseから、ジェシーとレベッカの結婚式。

神父: Rebecca, do you take this man to be your lawfully wedded husband, to love and to cherish for as long as you both shall live?

レベッカ: I do.

神父: Jesse, do you take this woman to be your lawfully wedded wife, to love and to cherish for as long as you both shall live?

ジェシー: I do.

神父: I now pronounce you husband and wife. you may now go on kissing the bride.

Full House/Season 4/Episode 19

こんな感じで、I do.には特別な意味「結婚式の誓い」があるのでした。だから前述のUrban Dictionaryは人生最大の過ちと皮肉ってたのですね(笑)

応用問題

さて、ここから先はボーナスセクション。今まで見てきたことを使って海外ドラマのとある一場面の意味を考えてみましょう。

そのドラマの名は「世にも不幸なできごと(A Series of Unfortunate Events)」です。子供向け小説が原作のドラマですね。ボードレール三姉弟妹に次々と災難がやってくるストーリーです。ちなみに、三姉弟妹は莫大な財産を相続する権利を保有してますが、ある年齢になるまでお金を自由に扱えないようになってます。

次は三姉弟妹がオラフ伯爵に引き取られた後の場面。オラフ伯爵は彼らの財産を狙っており、そこで一計を案じます。自分が主宰する劇団で劇を公演して、三姉弟妹の長女ヴァイオレットを出演させるというのです。その役は自分と結婚する女性。そして、台詞はたった1行。オラフが「君ならその台詞が何か分かるさ」と言うと、「分からない(I don't.)」とヴァイオレット。オラフ伯爵は「違う、違う、”I do.”」だと返します。この会話の何が面白いのかを考えてみて下さい。

オラフ伯爵: You will be playing the young woman I marry. It's a very important role although you only have one line, and I think you know what it is.

ヴァイオレット: I don't.

オラフ伯爵: No, no, no. It's "I do."

A Series of Unfortunate Events/Season 1/Episode 2

f:id:insaneway:20190603004008j:plain
A Series of Unfortunate Events [Credit: Netflix]

最後に

今回は「I do.」に秘められたイメージを見てみました。結局は、結婚の誓いのときのI do.なのでありました。

こういうのって日本人が把握するのってかなり難しいと思うんですよ。自分もこの前まで知りませんでしたし。ただ、世にも不幸なできごとを見ているときに、上記場面で何かがピンとこなかったんです。二人の会話がすれ違っていると言うか・・・。まあ、その時はI do.の意味を知らないのですから当然ですね。そこで、いろいろ調べて、最終的にこの記事が出来上がったというわけです(笑)

こういう教科書にないことを学べるのが、海外ドラマ視聴の良いところですよね♪

世にも不幸なできごとも、要所要所で難しい英単語の意味を視聴者に説明してくれたりして、不思議&面白いドラマでおすすめです。