ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

The Last Shipの日本に何が起きた?

広告

f:id:insaneway:20190329211751j:plain

海外ドラマThe Last Shipのシーズン3エピソード1の最初に面白い場面がありました。シーズン2で致死性ウィルスへの予防接種ができて世界に平和が訪れたと思いきや、ウィルスが突然変異(?)し、予防注射が効かなくなって死屍累々ということを示唆する重要なシーン。Southern Japanと字幕が出ているので日本のどこか、九州あたり? それにしても何かがおかしい。日本には無いものが山積みにされている(笑) 小豆(?)の缶詰のラベルを見ると、どうも中国製?

欧米にとって日本と中国の差なんて区別不可能なのは分かっているけど、それでも日系の雑貨屋に行けば、日本で流通している食料品は手に入りそうなもんだけどね。神は細部に宿るって言うじゃない。もうちょっとなんとかできなかったものか。この直後のシーンに、我が子を失った日本人母親が出てくるんだけど、その人の日本語は完璧なんだよね。小道具まわりさえもうちょっと頑張ってくれたら・・・。ま、この後、ストーリーに日本と中国のきな臭い話が出て来たので、自分は視聴止めちゃったんですけど(笑)

(追記) どうしても、この缶詰の正体が知りたくて、2時間ほどずっと検索してみました(笑) 暇人すぎるだろ・・・俺。缶詰のラベルに書いてある単語を頑張って求めます。火局豆こと「焗豆」ですね。日本語にはない漢字。「焗」の意味はbakedなので、baked beansといったところ。しかし、画像検索すれどもすれども、この缶詰が全く出てこないんです。中国本土の百度でも検索したんですけど、梨の礫。出てくるのは「茹汁焗豆」と汁入りのブランドのみ。そこで、上の画像で、犬で隠れている缶詰の箇所をめっちゃ拡大してみると・・・

f:id:insaneway:20190330003602j:plain

あれ? 缶詰の上部が金属むき出しじゃない? というか、金属の裸の缶にラベルを貼り付けてる感じ? なんかラベル自体浮いてるっぽいし(笑) もしや、この缶詰自体小道具さんが手作りしたんでしょうか? だとしたら、ものすごい努力。上で書いた「小道具さんもうちょっと頑張れ」というのは撤回しないといけない。なぜ日本語でなく中国語にしたし、というのはあるけれど・・・。すごく不思議だ。多分、こんなこと調べてんの、世界中で俺だけだと思う(笑)