ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

日本語とちょっと意味の違うJinx(ジンクス)

広告

f:id:insaneway:20190705121731p:plain:w120

jinxはすでに日本語にもなってるジンクスのことですが、日本語のそれとはちょっと意味が違うんです。大きな違いは

悪い縁起にしか使われない点

だから、

朝右足の靴下から履くと縁起が良いからジンクスにしてる

という使い方は英語ではされないんです。だって、これって悪いことじゃないから。英語でjinxは「悪運が付く、ツキを悪くする」と言う場合専用なんです。これって日本人にはかなり盲点ですよね。

ということは、逆に考えると、

jinxが使われる時は否定と一緒が多い

のです。だって、普通の人は悪運が付くのを嫌がりますからね。例えば、

そんなことしないで! jinxになるじゃん!

とか

jinxになるから私は○○しないの

という使われ方が一般的。こういう使い方を日本人でしてる人はいないんじゃないかなー。どうでしょう?

そして日本語のジンクスともう一つ異なるのが、主に動詞で使われる点。これは動詞として使うという発想が日本人にはそもそもないので、最初はすごい違和感。でも、そのうち慣れます。海外ドラマで結構出てくるからです、このjinx。

そこで今回は、海外ドラマの中ではどういったことをjinxとしているのか確認してみましょう。ちゃんと悪運になっているのでしょうか?

フレンズから

ジョーイとロスはキャッチボールをしながらダベってます。気づいた時には、なんと二人は1時間の間ボールを落とさずキャッチボールし続けていたのです。ジョーイはそのことに既に気づいていましたが、jinx(悪運を呼ぶ)ことはしたくなかったので、そのことへの言及は避けていたのでした。このように、jinxにしたくないと否定形です。

ジョーイ: What time is it?

ロス: 2:17.

ジョーイ: We haven't dropped this ball for an hour.

ロス: Are you serious?

ジョーイ: I realized it a half-hour ago, but I didn't say anything. I didn't wanna jinx it.

Friends/Season 5/Episode 21

f:id:insaneway:20190705134117j:plain
Friends [Credit: NBC]

ギルモア・ガールズから

リチャードは元娘婿のクリストファーに仕事の状況を尋ねます。クリストファーは「調子が良い」と言ってから、「jinxしたくなかったからビジネスの話はしなかった」とします。こちらも、口にすることで悪運を呼びたくなかったということですけど、その話題をしてなかった言い訳にも聞こえますね。

リチャード: So, Christopher, tell me about your business.

エミリー: Richard, let the poor boy relax.

リチャード: I simply want to find out how it's going.

クリストファー: It's going great. I'm afraid to jinx it by telling you how good it's going.

Gilmore Girls/Season 1/Episode 15

NUMBERS 天才数学者の事件ファイルから

事件解決後の親子の会話から。父のアランはデートに行くと息子たちに伝えます。兄のドンのwhomの文法を訂正してから、jinxしたくないからとデートの相手は教えないアラン。その理由が、「息子たちはこと女性に関しては悪運しかないから」ってのが面白いですね。ここなんかセリフにbad luckがあるので、jinxが悪い意味で使われているのがよく分かります。

アラン: I've got a date tomorrow night.

ドン: Oh, yeah? With who?

アラン: With whom.

ドン: All right, with whom?

アラン: I'm not saying.

チャーリー: The caterer.

アラン: I'm not saying. I don't want to jinx it. You guys have the worst luck with the opposite sex. I'm not gonna jinx it.

ドン: I resent that. I don't have bad luck.

Numb3rs/Season 2/Episode 18

LOSTから

ここまで動詞のjinxでしたので、最後はjinxの名詞のパターンも見てみます。

次はLostの巨漢ヒューゴのフラッシュバックから。彼は宝くじが当たって、あれよあれよとお金持ちになってましたが、その間悪運に付き纏われます。それをjinxesと言ってから、cursesと言い直します。もちろん、会計士は数字しか信じないので、そんなことに耳を傾けません(笑) ここなんか初見だと、日本人からしたら驚きですよね。jinxとcurse(呪い)が同列に扱われていることに。でも、jinxの悪い縁起の意味を知った後なら納得です。

会計士: I still can't imagine how the police mistook you for a drug dealer.

ヒューゴ: Bad luck.

会計士: Hugo. You are not the first lottery winner to believe the money's brought nothing but trouble. lt's in your head.

ヒューゴ: You don't believe in jinxes? You know, curses?

会計士: I'm an accountant. l believe in numbers.

Lost/Season 1/Episode 18

f:id:insaneway:20190705134310j:plain
Lost [Credit: ABC]

最後に

今回は日本語のジンクスが持つ意味と少し異なる英語のjinxを見てみました。ポイントは、

悪運に使われる

ってことですね。だから、基本的には否定的な文脈で使われるんです。そこさえ抑えておけば、海外ドラマ視聴は問題なさそう。

使われ方はほとんど動詞形ですが、最後のLOSTの例のように名詞も少しあります。あとは、相手のことをjinxと呼ぶパターンも何件かありました。これは「おまえは悪運をもたらす人」と言っているんですね(笑) 日本語で言うところの「雨男、雨女」みたな感じです。雨男、雨女がjinxなんてかなり意外ですけど、この記事を読んだ後なら納得感ありますよね。

そう考えると、この記事の冒頭の茶柱のイラストは相当なミスリーディングですね(笑)