ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Ma'am

広告

f:id:insaneway:20190525154913p:plain:w120

本ブログでは一丁前に英語の記事書いてますけど、基本英語勉強は海外ドラマ見てるだけなので、結構一人合点することも多いんですよね。分からない単語も推測できればそのままにしちゃうことも多いので。これは100%の理解を放棄してしまった結果ですね。8割でOKみたいな感じです。時間をかければ100%にできますけど、割に合わないというか、そんな時間あるならもう一本海外ドラマ見たほうがいいってスタンス。

だから、結構間違えるんです(笑) 多分、このブログも間違ったこと書いてあるところがあると思います。まあ、95%は合ってると思うので、そこはご容赦下さい。

さて、最近まで誤った認識だったそんな英単語の一つがMa'am。かなり初級ですね(笑) 英語リーディングの教科書に出てきたり、自身で辞書を引いたことある人なら間違わないはずですけど、如何せん、こちらは海外ドラマ上でのみ知った英単語。

では、どう誤解してたかというと、若い人に対して使うと思ってたんです。つまりこういうこと。発音からMadamと関連があるのは気付いていましたが、Madamが中年、Ma'amが若者という区別があると勘違いしていたのでした・・・。

ところで、海外ドラマの笑いの一つに次のようなシチュエーションがあります。

接客係: こちらへどうぞ、マダム。

若い女性: マダムですって。失礼しちゃうわ(ぷんぷん)。

こういうシーンを何回も見てるから「マダム=年上」というイメージが自分の中で固まっていったと思うんですけど、最近これのMa'amバージョンに出会って違和感を感じたんです。Madamじゃないのになんで怒るのって。

そこで辞書を見たら

ma'am

ご婦人(madamの縮約形

とあって飛び上がってしまいました(笑)

ということで、皆さん、辞書はこまめに引きましょう