ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Pete Buttigiegの発音

広告

(追記)2019/4/14 正式に大統領選出馬を発表しましたね。ファーストレディの呼称がどうなるかとか、色々注目です。

来年2020年といえばオリンピックもさることながら、もちろん米国の大統領選の年ですよね。反トランプ派の民主党で大統領選に出ることを表明した立候補者が、もう20人は出たんじゃないかな。

そんな立候補者の中の先頭を走る一人に、前回最後までヒラリーと競り合った我らがバーニーこと、バーニー・サンダースがいます(ヒラリーは政治から引退を表明済み)。眼鏡を掛けたおじいちゃんで、「Enough Is Enough」をスローガンに戦ったprogressive(革新派)です。記憶にある人もいるのでは。企業からの献金は受けず、草の根運動で民衆からの支持と献金を集め、大学無料化やmedicare for allという全国民への医療保険適用を目指しています。現状のバーニーの弱点は、その高齢と大手メディアからの受けが悪いのとtax returnと呼ばれる納税申告書を出し渋っているところくらい。ちなみに、トランプも出していないので、トランプと同じ穴の狢的な批判があります。

そんな状況の中、彗星の如く新立候補予定者が現れたではないですか! その名もPete Buttigieg。この人、現職のインディアナ州サウスベンドの市長さん。そんな彼が、presidential exploratory committee(立候補のための準備委員会)を立ち上げるやいなや、その名は口コミで広まっていきます。実際、グーグルトレンド↓では、一瞬一位を獲得してしまったくらい。

彼のどこがすごいかというと、

  • 若い(37歳)
  • アフガニスタンで軍に従事
  • 現職市長で、29歳で当選したとき景気がどん底だった市を再建
  • ゲイ
  • ミュージシャン(ピアノとギター、市のオーケストラに飛び入り参加)
  • 七カ国語を喋れる(ノルウェイのTV局と喋ってるシーンはミームに)
  • ハーバードをmagna cum laude(成績優秀)で卒業

という完璧なレジュメ。完璧すぎて逆に怖いくらい。

そしてインタビューなんかで彼の喋りを聞けば分かりますけど、論理的で頭がいい人の話し方をします。英語もわかりやすいのでお勧め。ウィットに富んで、ジョークもこなせる。小難しい質問にも平然と答えるその姿に、トランプで疲弊したアメリカ人が飛びついたのも頷けますね。

さて、現状、そんな彼の唯一の弱点があるんです。それが、

名前をどう発音するんだ?

そうなんです。Buttigiegの発音がみんな分かんないんですね(笑) しかも、最初の四文字がbutt。つまり「ケツ・尻」なんです(笑)

ああ、天はまたもや二物を与えないのか

って感じ。いや、十分に与えてるんですけどね(笑) 実際、御本人は特に気にすることもなく「Mayor Pete」と呼んでと言ってるくらいです。

ちなみに、御本人推薦の発音は、MSNBCのインタビュー↓によると、「仏陀(Buddha)+ジャッジ(Judge)」か「ブート(Boot)+エッジ(Edge)*2」みたいです。日本人的には、前者の仏陀が言いやすいかな。発音記号は/ˈbuːtɪdʒɛdʒ/みたいだから、敢えてカタカナで書けば、「ブーティジェッジ」かな?

youtu.be

この人が大統領になるかどうかはまだ未知数ですが、余程のスキャンダルがなければ相当いいところまで行くのは間違いなさそうです。また、2020がダメでも、若いからその後もあるわけだし。ということで、仏陀ジャッジさんは覚えておいて損はないと思いますよ。

ちなみに私は、ご本人の著書を読んでみたいと思います。それでは〜

f:id:insaneway:20190406014440j:plain
The Late Show with Stephen Colbert [Credit CBS]