ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

/s(ネットスラング)

広告

f:id:insaneway:20190525204114p:plain:w120

スラッシュ繋がりで、ついでにもう一点。ネットスラングに/sというのがあるんですけど、これどんな意味かわかりますか? アーバンディクショナリーを引くと

/s

Indicates the presence of sarcasm.

Urban Dictionary: /s

つまり、/sはこの文章は皮肉って合図なんですね。でも、これってすごい興ざめじゃない? だって、行間を読んで皮肉と理解するところに皮肉の面白さがあるのに・・・。まあ、ネットは色んな人が集まるところだから、皮肉を理解できない人との議論を避けるっていう自己防衛な面もあるのかもしれませんけど。

今回は海外ドラマでなく、掲示板redditのコメントから/sがどういう風に使われているのか見てみたいと思います。

Trump's cabinet is composed entirely of millionaires and billionaires. A reflection of ordinary americans, indeed. /s

Turns Out Americans Actually Do Want to Tax the Rich : politics

「トランプ政権の閣僚はみんな大金持ち。事実、平均的アメリカ人を反映している」 これはまさに皮肉。

Gosh - I for one am shocked! /s

Foxconn may not build $10B Wisconsin plant Trump touted : politics

これは「工場を建てると言ってたFoxconnが計画を中止かも」というスレから。/sがあるので、このユーザーは驚いていません。

They always behaved this way - overpromising and under delivering while communities spent millions, in this case, billions of dollars.

Another WIN for the great negotiator! /s

同じスレから。トランプ大統領が工場を誘致したと鼻高々だったのを受け、great negotiatorとこちらも皮肉。心の中ではterrible negotiatorと思っているのは明らかです。これなんか/sが無くても皮肉というのは十分わかりそうですけど。

以上、皮肉を表すネットスラングの/sの紹介でした。皮肉文章の最後に付けておく感じ。

もしかしたらすでにあるのかもしれませんが、こうなると「これは皮肉じゃなく本心だよ」という逆の記号も欲しくなってきますね(笑)