ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

Spotifyカラオケで英語の発声練習

広告

f:id:insaneway:20191113222618j:plain
Image by StockSnap from Pixabay

以前クレイジー・エックス・ガールフレンドの曲ベストテンを決めたときに、Spotify という音楽アプリを導入してみたんです。

Spotifyは音楽ストリーミングサービスですね。曲の幅が膨大で有名。音楽発見サービスと謳っているのは伊達じゃない感じ。無料は広告入り、プレミアムは広告無し+高機能という料金プランですが自分はヘビーユーザーでもないので、無料で十分(笑)

まあ、このアプリのすごいところは、文字通り重箱の隅の曲までカバーしているところ。クレイジー・エックス・ガールフレンドの曲なんて、日本にいたら普通入手できないですよね。それがボタン一つで聴けてしまう。これは本当にすごいことです。

ただ、そのときは、クレイジー・エックス・ガールフレンドの記事を書き終わったのでSpotifyはお役御免、アンインストールこそしないものの、ハードディスクのこやしになったのでした。

ただ最近ふと、これまた懐かしのミュージカルドラマGleeの曲が聴きたくなったんですね。通常はYoutubeでどっかの素人さんが上げてくれた歌詞付きのを聴くんですがw、なんとなくSpotifyを立ち上げて検索したら、なんとGleeの中で出てきた曲がほとんど入ってるではないですか! というか、発売されたアルバム全部揃ってる!?

それで、曲を聴いてる間設定等色々いじってたら、なんと歌詞を表示する機能があることを発見!

f:id:insaneway:20191113214452p:plain
Spotify on Mac

しかも、次の歌詞が下からせり上がってくるので、これカラオケとして使えるじゃんって気づいたんです。というか本人歌唱付きカラオケそのまんまじゃん(笑) 

Game Changer(ゲーム・チェンジャー、大変革をもたらすものの意)過ぎる

以前のYoutubeで気に入った曲を「karaoke」で検索する日々は何だったんだ・・・

ところで、洋楽をカラオケするのって、実は英語の発声のいい練習になるんですよね。皆さんも騙されたと思って試しにやってみてください。特に日常英語をしゃべる機会がない方は。自分は以前からずっとやってますし、英検1級スピーキング試験受ける朝は、練習で2時間も歌ってました(笑) その時はYoutubeのクリップでしたけどね。でも、どっちも広告が出るなら、こっちの方が断然いいですね。Youtubeは玉石混交だし、クリップが消えるのでw

Android版も確認したら、ちゃんと歌詞出てますね。これは便利。

f:id:insaneway:20191113222316p:plain
Spotify on Android

まあ、Spotifyは歌手による音声が入ってしまうので、純粋に伴奏だけの本物のカラオケが欲しい場合は、Youtubeで「karaoke+曲名」で検索するのがいいと思いますけど。

Spotify or Youtube? 結局はどちらでもいいんです。英語を口から出す機会を作るってのが最も重要なことですからね。

ところで、このブログでは海外ドラマを英語字幕で視聴するのに「自分の好きな夢中になれるドラマを見ること、あくびが出たら視聴をやめる」とだけいつも言ってるんですけど、洋楽カラオケに関しては、「自分の好きな曲を歌え」は実は通用しません。だって、曲のテンポがあるからです(笑) 速い曲は舌が絡まってしまいます。だから、最初はスローな曲から始めていくのがおすすめです。もちろん、自分が歌って気持ちいいこと大前提ですけどね。だれもチコタン死んだなんて歌いたくないのです(笑)

以下に適当に5曲挙げてみますので、何を歌ったらいいか分からない方は参考にしてみてください。かなりゆっくり目です。

  • Michael Jackson - Ben
  • B. J. Thomas - Raindrops Keep Falling On My Head
  • Stevie Wonder - My Cherie Amour
  • Louis Armstrong - What A Wonderful World
  • Hard to Say I'm Sorry - Chicago

ちなみに、海外ドラマを視聴してると、BGMで懐メロとか結構かかるんですよね。気に入った曲があったらメモっておくのも一つの手ですね。最近だと、英語字幕上に曲名が出てきますし。自分も、そうやってレパートリーを増やしていきましたので。

今度友達とカラオケ行ったときは洋楽を歌ってみてはいかがでしょう? 練習しとけば、あまりのうまさに驚かれるかもね!?(笑)

それでは、また〜