ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

複数人が扉を一度に通ろうとして詰まるネタ

広告

今回は、一発というか一見ネタ。「複数の人が一度に扉を通ろうとして詰まってしまうネタ」です。言葉がなくても画で笑えます。最初に詰まった後引き下がって、もう一回通ろうとしても息がピッタリ合ってしまい再度詰まるまでがお約束(笑)

自分が思いついたのが以下の2つのシーン(ビッグバン★セオリー、グラビティフォールズ)。これ以外にも見かけた記憶がありますが、すっかり忘れました。多分、コメディでは定番ネタなんでしょうね。まあ、こうならないように、現実ではお先にどうぞ(After you)するのが良いかと思います。

f:id:insaneway:20190430223817j:plain
The Big Bang Theory [Credit: CBS]

f:id:insaneway:20190430223839j:plain
Gravity Falls [Credit: Disney]

それにしても、最初にこのネタを発明したのは誰なんでしょうか? 言葉がなくてもいいってことは、まさかチャップリンとか?? 今度調べてみようと思います。