ドラマの中の英語

The Name of the Game Is Communication

海外ドラマ中のThank you very muchとThank you so muchの比を調査

広告

『Thank you very muchとThank you so muchのメモ』

先日、ツイッターのタイムラインに面白いネタが流れてきました。それがThank you very muchThank you so muchの話。veryとsoの違い。詳しい内容はツイッターに譲るとして、その話を聞いた時、個人的に海外ドラマではどちらの出現比率が高いんだろうと気になったんです。

そこで週末、手元の海外ドラマ字幕DBを使って調べてみました。エピソード数は1万話以上なので、そんなイレギュラーなことにはなってないはず。

その結果・・・(ドラムロールオン🥁🥁🥁)

Ta-da(じゃじゃーーん)

フレーズ 検索ヒット数
Thank you very much 1458
Thank you so much 1332
Thank you so very much 10
Thank you very so much 0

veryが僅かに上回りましたが、ほとんど五分! neck and neckだったんです(笑)

これは私が視聴した海外ドラマ1万話の中での結果なので、別の人が調べればsoが優勢の逆の結果もあると思われます。

ここで面白いのが、Thank you so very muchという両方が合わさったフレーズも10件あったこと。でも、逆のvery soはヒットせず。この辺は副詞の順序とかに関係あるんでしょうかね?

ところで、veryとsoは強意の意味なので、重ねることも可能ですよね。ついでにそちらも調べてみました:

フレーズ 検索ヒット数
Thank you very, very much 14
Thank you so, so much 7

一応veryの方が多いですが、いかんせん件数が少なすぎてなんとも言えませんね。

昔、I'm so so so sorryを調べたのを思い出しました(笑) それでは〜

www.serendipity.page